美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Numata > またまた実験〜パーマ前編〜

2020年5月18日

Numata

またまた実験〜パーマ前編〜

 fuwat

はい、どうも〜

 

fuwatのFG◯重課金スタイリスト

 

沼田和篤(ヌマタカズマ)による

 

徒然ブログになります。

 

ヘアースタイルの内容や

 

自分の好きなもの等の

 

何気ない日常を

 

暑苦しく紹介するブログです‼︎

 

ヽ(●д●)ノウォーーーー‼︎

 

沼田和篤(ヌマタ カズマ)の自己紹介

 

 

____________________________

 

勝利のポーズ!

 

 

今日は趣向を変えてみました(*´꒳`*)

 

はいソコ!

 

引かない!(´;Д;`)

 

こ、こんな所でめげないんだからね!

 

 

 

とりあえず本題に入ります。

 

皆さんはパーマをかける時

 

スタッフ同士の会話で

 

「〇〇と〇〇を3対1で混ぜて」

 

「ここまではこの薬で

 

こっから先はこの薬で塗って」等

 

なんか細かい事してんなーと

 

不思議に感じたことはございませんか?

 

今回はそんな疑問を実験しながら

 

説明してゆきます(≧∀≦)

 

 

 

 

 

 

 

まずパーマ剤の薬液には

 

いくつか種類がございます。

 

お客様のご希望のヘアスタイルに応じて

 

薬液の強さを選んでいます。

 

ここで一つ目の実験です。

 

こちらの画像は

 

お店で一番強いパーマ液と

 

一番弱いパーマ液を付けて巻いています。

 

 

A=強いパーマ液

 

B=弱いパーマ液

 

 

時間をおいて乾かしてみると

 

バーーーーーン

 

 

一目瞭然ですね^_^

 

Aの毛束は強くかかっているのに対し

 

Bの毛束はゆる〜くかかっています。

 

このように薬を使い分けることによって

 

ウエーブが強くかかったり

 

反対にナチュラルにゆる〜くかかったりと

 

その人に合わせたパーマ剤を

 

使い分けているのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではパーマ剤の強弱を知った所で次回は

 

パーマケアの「こだわり」について

 

書かせていただきます(≧∀≦)

 

どうぞお楽しみに!

 

次回もまた見てくださいね

 

ジャン

 

ケン

 

ポン!