美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > ”どうやるか”も大事だけど、”どういう意識でやるか”も大事だよねって話。

2019年8月20日

Hana

”どうやるか”も大事だけど、”どういう意識でやるか”も大事だよねって話。

 fuwat

 

 

 

ちょこっとだけ、まじめな話を。

 

 

 

僕ね、今でこそこんな見た目してますけど、実は昔…、おい今チャイニーズマフィアって言ったやつ出てこい。

 

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

でね、まぁ僕、剣道やってたんですよ。

5歳の時から20歳まで。

ガチガチにやってたのは高校一年の時までだったので、11年とオマケで4年くらい。

今でもたまに、稽古はしたいなぁって思います。

緩く…、とも違うのだけれど、真剣に、けどあくまで研鑽の為に。

大会とかは別にいいからさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、その話はさておき。

剣道って聞いて、恐らく大半の方は、

あぁ、あの奇声あげて竹刀でブッ叩く臭い奴でしょ?

って思うかもしれません。

 

 

 

否定はできません。

全く知らない方からしたら、何してるのかイマイチわからないし、臭いし、何で一本になったかもわかりづらいですし、臭いし、掛け声なんかただの奇声に聞こえるでしょうし臭いですから。

ただ、一応あれにも理由はあって。

 

 

 

剣道の一本になる条件は”心技体の一致”というものがあります。

体は体捌きや打突…、面や小手を打った時の姿勢とかが整っているか。

技はその名の通り、正しく技を打てているか。

で、心ってのがあの奇声に繋がるんですけど、なんでしょうね、気持ちとか一本取るっていう覇気みたいなものを目に見える形にしようとするとそうなるんですよね。

 

 

 

で、もうちょっと細かく言うと、残心ってやつがあってね。

剣道の試合の動画とか見ると、なんか面とか小手とか打った後、打った体制のままなんか声出してたりするじゃないですか。

アレは、打って終わりじゃなく、打ち切る。打った後も気を抜かず次の攻防に即座に対応できる状態に、心身共にしておく。

みたいな意味があるんです。

ただイイトコに当たって、声が出てればおkってわけじゃないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ね。

つい先日、親愛なるグンマーのHatoさんと話してた時に、

「フルブリーチ(根元から毛先まで塗る場合)の時、毛先が甘くなっちゃうことあるよね。」

って話がでまして。

恐らく、考えられる要因はシンプルに、

 

・髪の毛の密度が、根本側に比べて薄いから、薬剤を溜めにくいから。

・刷毛の基本的な動かし方の関係上、毛先の方の薬剤を削いでしまいやすいから。

 

の2つが考えられるわけなんですが…。

あ、ちなみに体温で根元の方が明るくなりやすいとか言う迷信信じてる人たち、アレ嘘だからね。

本当にそうなるのなら、ブリーチ塗ってサウナ入ったら、満遍なく均一に上がるんですか??って話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、だ。

毛先が明るくなりきらなくなってしまう問題の解決策なんですけど…。

まぁ、小手先のテクニックを言うなら色々あると思います。

 

 

 

でもね、そのもっと手前。

それこそ、関係ないように思える剣道の話に通ずるんですけど。

塗布における残心、みたいなものをキチンとする。

最後まで、塗りきる。

そういう心構えみたいなものが、実はすっごく大事だったりすると思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、こういうこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キチンと塗っているところに目の高さを合わせ、横着をせず、溜められるように塗布しきる。

ふざけているように見えて、大真面目です。

真面目にキチンと塗布しようとした結果、ロングの方ならこうなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショートだったら、こう。

塩釜焼きの如く、ブリーチ剤でとことん埋める。

髪の毛が埋まるくらい、塗りきる。

 

 

 

そういう気持ちなんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすれば、こういう風にロングでもきちんと毛先まで抜けます。

そして、こうしてキチンと抜ききっていれば、均一なベースを作れていれば…、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうです。

おきゃわです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛先まで、きちんと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー:ホワイト・トリプルプロセスカラー(20000)+Hana式トリートメント(5000) 

所要時間:6h

.

.

.

とまぁ、こういった具合に。

小手先の、なんてちょっとdisを含んだ表現をしましたけれど、テクニックもとっても大切です。

テクニックを知っていれば、表現の幅も広がりますよね。

 

 

 

けれど、テクニックはあくまで手段、手段は手段でしかなくて、あくまで効率よく行うためのモノ。

目的ではないですし、”どうしたいか”の心構えがなければ、手段も活かしようがないです。

目的を定めないことには、いくら手段を手に入れてもゴールにはたどり着けませんし、心構えがなっていなければ目的すら霞んでしまいます。

心構えと目的を持った上で、手段を学ぶことで初めて、その手段は生きてきます。

だからこそ、ブリーチをする上で大事なのは、きちんと塗りきるという塗潰すという、メラニン絶殺の強い意志。

僕は、そう思うわけです。

 

 

 

何かの参考になれば幸いです。

.

.

.

僕の作品を見て良いなと思ってくださった方、ご予約お待ちしております。

.

.

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

.

LINE@のみの理由と料金表についてはこちらをご覧ください。

.

電話予約不可なのでお気を付けください。

.

友だち追加