美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > Hana式オーロラ系カラー~左右で入れ方を変えて~

2019年7月27日

Hana

Hana式オーロラ系カラー~左右で入れ方を変えて~

 fuwat

 

 

 

学んだことは即実践。

面白そうならすぐにやる。

そんな僕です。

 

 

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

学んでも、どんなに知識を付けたとしても、それを活かさなければ学んでないのと一緒だと思うんです。

今はちょっと調べればどんなことでも大抵のことは知れる時代。

だからこそ、実際にやって身に着ける努力を要する時代だとも思います。

努力しなくても知れるけど、努力しなければ何も手に入らないからね。

 

 

 

 

 

そんなわけで、今回は僕の所属するBOC online にて、日本のヘアカラーの父、西海さんがオンラインセミナーで仰っていたハイライトの入れ方をやってみました。

 

 

 

そもそも僕、ヘアカラーについてちゃんと学んだことってなくて、僕のお師匠さんのポストを見て見様見真似したり、失敗して何でか考えて検証してクリアにしてくみたいな感じでやってきた次第で。

なので、セオリー的なモノが自分の中に殆どないんですよね。

だからこそ、時々とんでもないもの作れるのかなとも思うんですけど、セオリーが自分の中にあるってのは、一本芯が通っているってことですからね。

自分もそういうものを手に入れたいと思う次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、なにしたかってーと、一般的に言えばメッシュ?

の入れ方のベーシックを、そのまま真似してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ずは右側。

入れ方はフォワードのスライシング。

その名の通り、メッシュになる部分を作るために入れるアルミホイルを、お顔側、つまり前に向かう形に入れていく方法です。

こういう風に入れると、比較的ベースの色に馴染んでくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に左側は、リバースのスライシング。

フォワードに対してリバースなので、後ろに向かって入れていく形です。

こうすることで比較的くっきりとしたラインを出せます。

多分みんなが言うメッシュってなると、こっちの方が近いのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左右を比較するとこんな感じ。

ね、わかりやすいでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー+α(25000)+Hana式トリートメント(5000)

所要時間:6h

.

.

.

カラーについてきちんとした教育を受けてきた美容師さんからすると、なにそんな基礎的なコトをwwwって話かもしれませんけれど、僕にとってはその基礎すら凄く面白いモノで。

そろそろ自分の中にも基礎基盤になるモノを作らねばって思ってる次第ですしね。

いい加減、僕の仕事を手伝ってくれるアシスタントが欲しいなって思ってますし。

きちんと人に伝えられる理論、そういうのを高めていきたいなって思うんです。

 

 

 

fuwatでは常にスタイリストアシスタント問わず募集しているので、ご興味ある方は是非ご連絡下さいませね。

.

.

.

僕の作品を見て良いなと思ってくださった方、ご予約お待ちしております。

.

.

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

.

LINE@のみの理由と料金表についてはこちらをご覧ください。

.

電話予約不可なのでお気を付けください。

.

友だち追加