美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > ブリーチしててもツヤサラ。その理由は…?

2019年2月25日

Hana

ブリーチしててもツヤサラ。その理由は…?

 fuwat

 

 

 

もうね、本当全然ブログ書けていませんでした。

なんだかんだ、営業中も、お休みの日も、忙しくさせて頂いてました。

ありがたやありがたや。

今日から頑張って書こうと思うよ。

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

はい、ってなわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、僕のブリーチというかカラー技術全般が、どんどん引き上げられていっています。

と言うのも、例のブリーチフェスことBOC大阪・東京を経て。

更にその時に共に出演された、敬愛する先輩方の生の技術を目の当たりにし、それはもう、乾ききったスポンジの如く吸いに吸って、今だっばだばです。

 

 

 

具体的に何が?って話ですが、最近特に前よりも確実に良くなったなと思うのが…、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛のコンディションコントロール。

そう、トリートメント技術です。

 

 

 

「カラー技術じゃないんかいwww」

と思われる方もいるかもしれませんが、トリートメント技術が高ければ、カラーの仕上がりのクオリティをさらに引き上げてくれます。

同じホワイトヘアでも、サラサラなのとボロボロなの、どちらが良いかなんて言わずもがなですよね。

 

 

 

じゃあ具体的にどんなことをしているのかって話ですけれど…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々、使ってます。

カラーの後に行う、一般的なトリートメントメニューとしても勿論そうですし。

カラー剤に混ぜることで、カラーやブリーチ剤によって流出してしまう内部物質を補充したり、切れてしまう結合を補強してくれたり。

ブリーチ剤などで強アルカリに傾いた髪の毛を、本来のpHである弱酸性に近づけてくれたり。

残留物質の除去だったり…。

 

 

 

 

 

と言っても、特別な何かを使っているわけではありません。

fuwatで扱っているモノや、昔からある処理剤だったり。

そういったものを駆使して、少しでもブリーチによるダメージを軽減し、ダメージしているように見えない仕上がりにしていっています。

 

 

 

最近流行りのケアブリーチとか、そういうのではありませんが。

ダメージ自体は、ちゃんとします。

言い方変だけどねw

どう足掻いたって、例えばホワイトヘアまで打ち抜けば、ダメージの限界に近づきますよ。

けれど、その分ちゃんとケアをしてあげれば、ほんの少しだけダメージを減らせたり、ダメージを感じない髪質にしてあげることだってできるわけで。

〇%カットとか、そんな嘘は僕は言えないけれど、ツヤサラなブリーチは出来るんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為の勉強を、日々しております。

クオリティを上げて、少しでも面白い髪色を、綺麗と言える状態で作れるように。

 

 

 

 

 

 

 

んで、もうちょっと色々検証して、クオリティを上げられたら、ちょいとメニューを変えるので、その時はよろしくどうぞ。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加