美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 色落ちしても明るくなりすぎない色をベースに、ギャラクシーな感じにしてください!

2018年12月5日

Hana

色落ちしても明るくなりすぎない色をベースに、ギャラクシーな感じにしてください!

 fuwat

オーロラ、オーシャン、ギャラクシー、ユニコーン。

このあたりのオーダー、多いです。

なんでしょうね。

とりあえずこのあたりのワード使っておけば感は無きにしも非ず。

所でユニコーンって、白ですよね?

色ついてても鬣が薄紫なくらいのはず。

 

 

 

どうしてああなった。

 

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

「初めましてHanaさん!カラーしてください!」

 

---はいはい履歴~。

 

「去年の4月にセルフカラーで失敗し、それを美容室で直してもらいました!そこからはずっとそのまま伸ばしていて、今年の6月に毛先の色落ちした部分にマニパニでセルフカラー。その後はカットとトリートメント以外なにもしていません!」

 

---ほぼ地毛か。ご希望のお色は??

 

「かなり暗めのダークグレーをベースに、毛先をギャラクシーっぽくしてほしいのですが、可能であれば色落ちしたときに根元が気にならないようにしていただきたいのですが…。」

 

---あぁ、ね。

 

「よろしくお願いします!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ってわけでご来店。

久しぶりに初めて来てくれた方のビフォア写真ちゃんと撮った気がするから、たまにはちゃんと状況整理。

 

 

 

 

 

 

 

 

先ずはカラーの状態だけれど。

耳よりもちょいと下くらいまで地毛が伸びていて、そこから先はカラーをされていた状態。

折角なのでついでに言っておくと、人間が1年~1年半で伸びるのがこれくらいの長さだからね。

長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思うけれど、仮にこちらの方の長さまでちゃんと綺麗な毛を取り戻そう、綺麗な状態で綺麗な髪の毛を取り戻そうとしたときに、最低でも3年くらいはかかるってことだからね。

 

髪の毛は、一度ダメージを受けると2度と元には戻らない。

だから僕は、ショートヘアを受け入れられる子ならともかく、ロングヘアを綺麗に維持したいならちゃんと考えてカラーやパーマ・縮毛矯正を選択しようねって伝えてるんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

加えて、元々の髪質と前回のカットで毛先がかなりスカスカな状態…。

カットの時に下手に毛量を減らそうとするとこうなってしまって、すっきりさせて纏まるようにしたつもりが全然まとまらなくなる、なんてこと間々あるよね。

元々の髪質、柔らかくて細いというのもあるから、一概にカットがどうこうとは言えないのだけれど。

どちらにしても、毛先がスカスカだと先に挙げたカラフル系のカラーをするときに、それぞれの色がキッチリ主張してくれにくくなるし、単色だったとしても矢張り見栄えが悪くなってしまいやすいんだ。

 

加えて、ブリーチや、ブリーチをしていないにしてもカラーを繰り返していくと、髪の毛の中に本来あるモノが減っていくので、質量が軽くなるんだ。

そこにさらにカットで軽くしてしまうと、ふわふわと纏まらない髪の毛になってしまうから、ブリーチありきのカラーをするのなら特に、ちゃんと重さを残すカットをしてくれるスタイリストさんに任せるといいと思うよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

---ってわけで、先ずはカットをします。

 

「はい!」

 

---では…、センセ---!!!!

 

はるか氏「先生ってwww」

 

---ってことで、オナシャス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、なんやかんや、やんややんやあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

…いや、違うよ?

決して途中経過撮り忘れたとかそういう、や、ばかwそういうのじゃねぇってホントマジで!w

あれよ!結構もう長くなったからそろそろ皆読むの飽きてきたかなーっていう俺なりの…、なに?hospitality??なわけy…、あ、まだ1300文字くらい?

あぁ、そう…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うむ。

 

 

 

 

 

 

 

 

うむ。

ギャラクシー感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、ベースなんですけれど。

今回は完全ノータッチにしました。

つまりほぼ地毛のまま。

ちょこっとだけ明るくする力のないカラー剤で、中間部分に残っていた以前のカラーが色落ちしてた部分を少し落ち着かせたくらいです。

 

 

 

というのも、オーダーの中にあった”色落ちして根元が伸びてきても気になりにくいグレー”。

これを作る上で、

・どの状態が根元が気になるのか

・どれくらいの明るさになることが許容範囲なのか

によって変わってきます。

 

 

先ず大前提として、キチンとグレーと認識できるグレーを作るにはブリーチが必須になってきます。

ホワイト領域まで打ち抜くわけではありませんが、きちんとグレーにするのならある程度の明るさまでは持っていく必要があります。

で、そのある程度の明るさの補色をぶつけることでグレーに見えるように作るわけなのですが、ベースを明るくする以上、色落ちしたときにはその明るさ近くまで戻ります。

ブリーチしたのなら、矢張りどう足掻いても所謂金髪やベージュっぽい感じになってきます。

それが嫌なのであれば、暗めのグレーでもホワイト領域まで打ち抜くこともありますが、そうすると確実に根元とのコントラストはくっきりとつきます。

そうでなくたって、金髪やベージュの時点で黒髪が気にならないわけがないんですよね。

 

 

 

なので、諸々ご相談した結果、”色落ちしたときにあまり明るくなるのは嫌だ”ということだったので、だったら今の色落ちした茶を少し落ち着かせて、そもそも殆ど色落ちがしない状態にしましょ。

ってことで、

 

 

 

 

 

 

こうなったわけです。

勿論、それが必ずしも正解なわけではないけれどね。

色々ご相談した結果、そうすることが最良だと判断したのでそうしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)+カット(5000)

所要時間:6h

スタイリスト:Haruka

.

.

.

そんなこんなのバイカラーギャラクシー。

かなりカラフルで鮮やかな色を使っていますけれど、色落ちもまた綺麗なんです。

年末にまたお越し頂けるということなので、その時は必ず褪色した状態を撮ります。

…っていう自分への戒め。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加