美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > たまに、オーダーを無視します。

2018年12月2日

Hana

たまに、オーダーを無視します。

 fuwat

タイトルの雑さな。

文章を書くことは割と好きだし、全然苦ではないのだけれど、キラーワード的な感じの短い文を考えるのは苦手なんだ。

結果、やったことを素直に書いたよ。

 

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

恐らく一部を除いた大半の方が、美容室に行ったら”ああしたい・こうしたい”といったオーダーをされると思います。

僕もします。

この前は「地毛が伸びてきても気になりにくいように、地毛を活かした超コントラストな感じにしてく。」とかいう意味の解らないオーダーをしました。

 

 

 

それはさながらポテトチップの誕生秘話のクソ客のような意味の解らないオーダーです。

ただ、そういう意味の解らないオーダーも、その瞬間は意味の解らないオーダーかもしれませんが、そこから思わぬものが生まれるかもしれませんから、強ち蔑ろにもできないというか、時にそういうオーダーに果敢に立ち向かう強さが作り手には必要なんだという説話なんだと僕は思っています。

ちなみにこの↑一文は勝手に手が動いただけです。

そういうときもあります。

頭では何も考えていなくても、何故か、何処からか、何かよくわからないものが自分の中に流れ込んで、気が付いたらその通りに手が足が口が動いている。

そういうとき。

これがヘアカラーをしているときとか、僕はしないけれどカットをしている時だとかは、

「髪の毛の声が聞こえたんだ…。」

とか格好つけられるのかもしれません。

きっとオモテサンドーとかギロッポンとかザギンとか、そういうキラキラしてそうな場所の方々にはそれが聞こえているのかもしれません。

知らんけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕に聞こえるのは精々、ベガスで休暇中の勝利の女神が気まぐれに寄越す国際通話くらいなものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、というわけで犬も食わないような駄文はさておき。

今回は前回全体をホワイトにしてたお客様が、

「全体ピンクにしてください!」

って言ってたんですけど、リタッチを終えていざカラーだってタイミングで、ふと頭を過ったんですよ。

 

 

 

---根本だけピンクにしたら、可愛いんじゃね??

 

 

 

思ったが最後、と言うか思った瞬間、それが脳裏を過ると同時に口に出ていたようで。

 

 

 

「何それ面白そう!」

って言ってくれたのでやりました。

と言うか何ならその時はもうすでに塗り始めてました。

ので、塗りながらどうしたら可愛くなるかを真剣に考え、出来たのがこちらでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:5.5h

.

.

.

そう、完全に思い付きです。

思い付きで、オーダーである”全体ピンク”を無視しました。

なのにも関わらずさせて頂ける、寛大なカラーさせてもらっている子達に感謝感謝ですわ。

 

「なんだかんだ、可愛くしてくれるでしょ?w」

って言ってくれる子もいるんですけど、冷静に考えてみ?

好き勝手させてもらうのに全然可愛くなかったらただのオナニーやんけ。

 

つまり、そういうこと。

好き勝手させてくれる子達のために、必死なだけなんです。

 

 

 

俺、もっと上手くなるからさぁ。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加