美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > グラデーションカラーを作る上で大切なアレ。

2018年11月13日

Hana

グラデーションカラーを作る上で大切なアレ。

 fuwat

ま、好きに作ればいいと思うんだけどさ。

僕はこうやって作るのが好きなんた、って話さね。

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

はいっ、さっそく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

すっごくシンプルなグラデーション。

ベースと毛先の鮮やかな部分の色は合わせて、明るさ鮮やかさを上げていってるだけ。

もう本当、これでもかってくらいシンプルなんです…、が。

こういうシンプルなスタイルだからこそ、細かなところにこだわります。

 

 

 

そもそも、グラデーションカラーの作り方って本当に人それぞれだと思うんですよ。

フリーハンドで作っていく方、バレイヤージュを使って作る方、ブリーチは使わず毎回のカラーを工夫することでナチュラルなグラデーションに育てていく方。

色んな作り方、もっと言えば哲学がそこに在ります。

そしてそれは、別にどれが良いだ悪いだって話ではなく、どれが好きかっていう話です。

 

 

 

んで、そんなことを話すお前はどう作っているんだって話でしょうけれど、こういう感じに…、

 

 

 

 

 

必ずハイライトを入れています。

その細さは、その人のご希望のお色や印象などによって変えますが、必ず入れるようにしています。

少なくとも最初から3回は必ず。

そうすることによって、元々根元が伸びてきても気になりにくいグラデーションカラーですが、より一層伸びてきたときが気になりにくくなると思うんですよ。

勿論、気になりにくいようなハイライトの入れ方や、乗せる色の薬剤選定だとかも大きく関わってきますけどね。

何となくそういう形で作ったほうが、色落ちして再来店頂いたときに、「え、これもう完成形じゃね??w」ってなってくれるんですよね。不思議。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:3h

.

.

.

あくまでこれは僕の作り方ですが、オススメの作り方です。

伸びてきても毛先だけキンキンになるというより、地毛から毛先のブリーチ部分に綺麗に繋がっていく、みたいな。

オススメですのでグラデーションカラーを考えている方は是非。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加