美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > オーロラカラーを作るときのちょっとしたポイント的なサムシング。

2018年10月10日

Hana

オーロラカラーを作るときのちょっとしたポイント的なサムシング。

 fuwat

ノリと意気込み。

あとは髪の毛が教えてくれる。

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

とか、言っちゃって~。

 

 

 

「雑にもほどがあるよHanaさん。」

とか言われそうだからちゃんとします。

 

 

 

 

 

ちゃんと…、

 

 

 

 

 

 

したいんだけど、ぶっちゃけそれが全て感は否めないんだ。

ってのも、僕が髪色を考えるときに、基本的に考えすぎないようにしてるから。

こう、髪の毛わしゃわしゃしてると、「ここだよ~~~。」って言われるから、そこに色を置いたり置かなかったりしてるだけなんだよね。

 

 

 

 

 

 

って言う、やっぱり雑です。

 

 

 

 

 

 

雑なので、オーロラカラーもこう作ります。

 

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

襟足から覗くターコイズブルー的なあれ。

けど、まさかそういう青にしたからオーロラカラーだなんて、口が裂けても言えません。

 

 

 

 

そういう寒色系の色を色々使ったからオーロラカラー、そんなことも流石に恥ずかしくて言えません。

 

 

 

だって、オーロラだよ?

オーロラって、見たことある??

すっごい綺麗なんだよ???

 

 

 

…まぁ僕もリアルでは見たことないんだけど。

 

 

 

兎角、よく写真で見るアレ。

アレをよーーーく見てみてください。

 

 

 

 

 

そう、大体こういう風になってますよね。

 

 

 

 

そう、スキマ。

色で塗潰してしまうのは、オーロラの極一部分を切り取ったか、ただの多色使い。

本気でオーロラ感を出すのなら、こうやって…、

 

 

 

 

 

 

 

スキマを作って、動きの中で流れていくように見せてあげるといいと思うんだ。

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:5.5h

.

.

.

とまぁ、そのためにはブリーチ、ベースメイク、オンカラーという3工程が必要で、時間がかかってしまうけれど。

お料理と一緒で手間暇かけてあげたほうが面白みのある髪色に出来ると思うので是非。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加