美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > ブリーチをやめてナチュラル系にしていくときにオススメなカラーって?

2018年9月30日

Hana

ブリーチをやめてナチュラル系にしていくときにオススメなカラーって?

 fuwat

あるよね。そういうとき。

僕も絶賛、地毛伸ばし中ですし。

だいぶ伸びてきて、でもまだ3ヶ月くらいしかたっていないのにこの伸び加減…。

自分の伸びる速度が速いと実感しますわ…。

 

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

でまぁ、ブリーチをやめて所謂ナチュラル系のカラーにシフトチェンジしていこうって時の話なんだけどさ。

いやまあそもそも所謂ナチュラル系のカラーって全然ナチュラルじゃないんだけどさ。

だって一色塗りつぶしってアーティフィシャルだもん。

 

 

 

 

 

 

こう、例えば「次からブリーチやめます!」の翌月であれば、根本はまだ1~1.5cmしか伸びていないはずだから普通にカラーしちゃえば誤魔化せるんだろうけどさ。

 

 

 

 

 

これくらい。大体3ヶ月~伸びてきたら、流石に根本の地毛とブリーチ部分の境目が解るようになってきます。

一番楽で手っ取り早いのは、ブリーチ部分に対して僕が普段忌避している”中間体”って染料を少し混ぜて、疑似メラニンを作ってあげてトーンダウン。

中間体は良くも悪くも残留してくれるので、褪色しても金髪にはならずブラウンになってくれます。

イメージ的には白髪染めの原理の応用。

 

 

 

しかし、その方法を使うと、良くも悪くも透過性が失われます。

メリットで言えば非ブリーチ部分と馴染みやすくなりますが、デメリットとしては折角ブリーチして作ったベースの透過性を掻き消してしまうわけです。

一長一短なわけです。

勿論、それが必要な場合もあるから全否定するわけじゃないけどね。

 

 

 

けど、ブリーチを専門とし、普段から透明感の中で生きている社会的透明人間な僕としては矢張り、

折角ある綺麗なベースなら、活かしたい。

って思うわけでっさ。

 

 

 

じゃあどうするんだって話ですけれど。

安直に根元をブリーチより少しくらいところまで明るくしてつなげるわけではありません。

地毛は地毛で活かしつつ。

ブリーチ部分はブリーチ部分で活かしつつ。

地毛の部分とブリーチ部分をジョイントさせていくためにこうします。

 

 

 

 

 

 

そう、ハイライト。

と言っても普通のハイライトじゃありません。

普通のハイライトは、取った毛束の根元から毛先までをブリーチしていきます。

しかし、この子の場合は取った毛束の”根元の地毛の部分だけを”ブリーチしています。

つまり、通常行うリタッチをハイライトで行っているというわけです。

 

 

 

これをしてあげると、また2~3ヶ月くらい経って同じくらい伸びてきたときに、今以上に根元の方と馴染んでくれるのです。

染めたてだけなら、いくらでも誤魔化せますけどね。

色落ちしたときに、透明感も維持しつつブリーチ部分と非ブリーチ部分を馴染ませるにはこれが一番なんですわ。

 

 

 

 

 

 

で、ちゃんと色も入れてこんな感じ。

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

地毛部分も少し明るめにしているんであれですけれど、ハイライトの毛束が根元にもあることで、ブリーチ部分に自然に繋がっていっているでしょう?

これが、僕が一番オススメするブリーチを辞める時の手段です。

 

 

 

 

 

 

メニュー:ダブルプロセス+α(15000)

所要時間:2.5h

.

.

.

とはいえ、ブリーチを”辞めなければならない”という場合もありますよね。

就活とか言う日本特有の謎行事とか。

ちょいと前にオシショーサンがインスタにアップしてましたけど、日本人女性がひっつめ黒髪ほどいて自由な髪色で生き生きと就活・就労が出来る日はいつになるんですかね。

 

 

 

っていう毒はさておき。

まだまだ、日本に於いては止むを得ず髪色を暗くせざるを得ない時もありますから、そういう時は途中で書いたような手段でブリーチ部分と馴染ませます。

勿論その場合も、色落ちして綺麗になるように作るけどね。

 

 

 

けれど矢張り、折角作ったブリーチのベースなので、活かせるのなら活かして。

派手にするにも落ち着かせるにも。

髪色を育てて行けたらと思うので是非ブリーチを辞める時もご相談ください。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加