美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > インナーカラーをよりナチュラルに見せるためのポイント的な。

2018年9月26日

Hana

インナーカラーをよりナチュラルに見せるためのポイント的な。

 fuwat

 

何を以てナチュラルなのか、最近よくわからなくなってきました。

毎日ホワイトやらカラフルヘアを作っていたらそりゃあそうなるわなって。

こういう感覚が当たり前になったら、街中もっと面白いのかなぁって。

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

と言っても、ここ数年でかなり髪色も自由になってきた気がします。

薬剤の進歩の影響も大きいでしょうけれど、なんというか、なんでしょうね。

なんか知らないけれど受け入れられるようになってきている気がします。

 

 

 

目指せ、赤髪の看護師がいる世界線。

 

 

 

 

 

 

かんわきゅーだい

 

 

 

 

 

 

 

でだ。

街中で見かけるちょいと派手な髪色の中でも、一番よく見かけるのがインナーカラー。

 

 

 

 

 

 

 

こういうパキっとしたコーラルも、インナーカラーならそこまでド派手な感じにはならないですよね。

 

 

 

 

 

レイヤーが入っているスタイルだと、グラデーションっぽく見えてくれますし、もっと重めなスタイルであれば完全に隠れてくれます。

何なら内側だけ全てまとめて中に隠す形で留めてしまえば、完全隠蔽することが出来ます。

何かと都合がいい、そういうカラースタイルです。

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

そんなインナーカラーなんですけれど、見せることを前提とした場合に、範囲を決める上でちょいとしたポイントがあります。

僕が考えるインナーカラーの範囲は大きく3つの範囲になるんですけれど、それはいったんさておき。

インナーカラーだからこそ起こる特有の注意点。

 

 

 

お顔周りをどうするか問題。

これ、結構大事です。

こめかみ辺りから下をインナーとする場合に、普段耳前の髪の毛をどうするのか。

普段、降ろしているのかアップスタイルにしているのか。

それによって、お顔周りをどうするのかが決まります。

 

 

 

 

 

 

 

って、だらだらと書いても仕方ないので、こういうことです。

 

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

 

根元をこれくらい、空けてブリーチしてあげるんです。

そうすると、こういう風に耳に掛けたりアップスタイルにしたときに…、

 

 

 

 

 

 

 

被せの色と同じなので、お顔周りのコントラストが0になり、インナーで派手な色が入っているけれど落ち着いた印象になってくれます。

この子の場合は被せは一切いじらず地毛のままですが、仮に被せをブラウン系にしていたとしても派手な色にしていたとしても。

被せのお色とインナーの根元のお色を合わせてあげればこんな風に馴染んでくれるんです。

 

 

 

 

 

 

 

メニュー:ダブルプロセス+α(15000)

所要時間:2.5h

.

.

.

最早定番と化したインナーカラー。

定番となったからこそ、どんどん進化していっています。

インナーカラーだけじゃなく、僕自身常に進化していると思いたいので是非ご相談くださいませね。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加