美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > Hana式秋のナチュラルカラー

2018年9月23日

Hana

Hana式秋のナチュラルカラー

 fuwat

このブログ内で何度も書いていますけれど、

 

 

 

僕のナチュラルカラーは一色のブラウンで塗潰した髪色ではなく、ハイ・ローライト織り交ぜてムラを作った髪色です。

 

一色塗潰しはナチュラルではなくアーティフィシャルカラーです。

人工的で、不自然。

自然を意味するナチュラルとは対極にある髪色ですからね。

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

「じゃあナチュラルなのってどんなんじゃい!」って話ですけれど、こうです。

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

 

表面にはハイライトを盛りだくさん。

と言うか約1年くらいかけて育て続けたハイライトたち。

最早ベースの明度なんてどこかわからないくらい細かく沢山、様々な明度が存在しています。

 

 

 

で、それだけなら別に”秋の”とか付けなくていいわけですよ。

ってか別に、”秋の”とかタイトル付けましたけれど、ぶっちゃけ秋がどうとかは心底どうでもいいんですよね。

だって別に、そういうのを後生大事に抱えて生きる世界線で生きてないし…。

ただ何となく暗くて落ち着いていると秋っぽいって言われるんでそんな感じです。

 

 

 

というわけで秋っぽ要素がこちらね。

 

 

 

 

 

わかりますかね。

内側に行くにつれ、ちょっとずつ暗くなっているの。

 

 

 

そもそものハイライトを、前回までに表面の方が多くなるようにしているんですけれど、それに加えてさらにローライトを足すことで、それまでに入れていたハイライトがさらに強調されています。

 

 

 

 

 

 

その為、毛先のお色も表面はこのように比較的鮮やかですが、

 

 

 

 

 

内側はちょいとくすみ感があって落ち着いた色合いになってくれています。

これらの表面が明るく内側が暗い、毛先も表面側が鮮やかで内側がくすんでいる。

そういうコントラストをしっかりと付けて、でもキツ過ぎずに柔らかく馴染んでいる。

それが僕なりの秋カラーです。

 

 

 

 

 

 

可愛かろう?

 

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:4.5h

.

.

.

秋だからとかなんだとか。

そういうのを全否定するつもりは無いですけれど、かといって安直に何かするのもまた違うと思っています。

僕が作るからには僕が思う○○らしさを。

そういう気持ちで、どんな髪色も作れたら。

 

 

その為にも、ヘアカラーの勉強だけでなく、いろんなことを学び、感じ、理解できたらな。

そんな風に思う今日この頃です。

とはいえ、僕一人ではどうしても興味の方向が偏りがちですし、髪色のオーダーをするときにでも、なにか面白いモノや風景とか、教えて頂けたらありがたいです。

 

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加