美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > パステルじゃないけどパステルって言われてるアレを作るためには

2018年7月28日

Hana

パステルじゃないけどパステルって言われてるアレを作るためには

 fuwat

言葉って難しいよね。

そもそも色って難しい。

人によって、見え方が違うし感じ方が違うのだから、そこから出てくる言葉も違ってくるのは当たり前。

だからこそ僕らは、色彩学に基づいて客観的にその色を判断する必要があるんだよね。

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

で、だ。

 

 

 

みんな大好き…、かは知らないけれど。

割とやりたいって子が多い色の系統として、パステルカラーってのがあります。

明るく淡いトーンのあれね。

 

 

 

最近はパステルよりももう少しだけ鮮やかな”マカロンカラー”なんてものもあるそうで。

おいちゃんもうわっかんね。

ってなってます。

20代なんだけどなぁ…。

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

そんなわけでそれっぽい色を作ったよ。

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

ピンクとか、紫とか、青とか。とかとかとか。

結構シンプル目な構成です。

 

 

 

こういう色、やりたいって言う子少なくないんですよね。

けれど、こういうお色を作ろうとすると、ホワイトに近い領域までのブリーチが必要となりますから、履歴によっては出来ないなんてことも少なくないです。

…なんだかんだ、作れることのほうが多いけどねw

 

 

 

けれど、可能な限りダメージを抑えて、キッチリと透明感を出そうとするならば、矢張り履歴に左右されてきますから、髪の毛はキチンと信頼できる美容師さんに管理してもらう必要があります。

どんな色でも本当はそうなんですけれどね。

染まっていればそれでいい勢からしたら誰でもいいのかなーとか思ったり。

ちゃんとしたいなら、自分が先ずちゃんとしないとねって話でっさ。

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:5h

.

.

.

どんな色にするにしても、どんな髪型にするにしても。

その場一回それでいいのであれば何でもいいと思います。

けれど、大半の方はその後も人生が続くわけで、となると髪色も変えたくなるでしょうし髪型も変えたくなるでしょう。

その”その後”までちゃんと見据えて髪色や髪型を考えることが出来ると、出来ることの幅が広がるので、僕らもそういうスタンスで考えますから、皆さんも少し考えて頂けるとありがたいです。

 

髪の毛に対する一つの参考になれば。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加