美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > セオリーはあくまでセオリー。一歩踏み出してみると面白いモノが作れるって話。

2018年7月17日

Hana

セオリーはあくまでセオリー。一歩踏み出してみると面白いモノが作れるって話。

 fuwat

つい昨日グラデーションについて書いておいてあれですが、基本的にセオリーというものには中指を突き立てたくなる性分です。

セオリーに沿えば、綺麗に作れます。

誰だって、簡単に。

 

 

 

誰でも出来ることをする意味も、理由もなければ、そこには僕が僕足る存在証明になるものは無いんだ。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

っていう厨二病。

セオリーなんてfxxk youだぜとか。

それはセオリーが完璧な奴が言っていいことだよ、とか諭されそうだよね。

知らんけど。

天邪鬼だからね。

 

 

 

 

ってなわけでセオリーという枠組みをちょいと踏み出したシンプルな作品がこちら…、

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

オーレンジ~~~、に見せかけた…。

 

 

 

 

 

ハイビスカス。

うちの店のさー、ビスカスさんが綺麗に咲いてたからさ。

つい、ね。

 

 

 

で、ここで問題なの…、と言うか何がセオリーから逸れているかって話だけれど。

本来髪色のセオリーは、根元が暗かったりくすんでいて、毛先に行くにつれ明るくなったり鮮やかになったりする方が自然なんです。

が、この子の場合は根元が明るく鮮やかなチェリーレッド的な赤。

毛先は少しくすんで深みのあるオレンジ。

 

 

 

…そう、本来逆にすべき配色です。

これが仮に、同一の明度彩度であった場合は赤の方が若干ですが暗く見えるため、これでも正解と言えるでしょう。

しかし今回の場合はオレンジの方が暗く見えるトーンで、赤のほうが明るく見えるトーン。

”セオリーに沿うなら”不正解です。

 

 

 

けれど、クリエイティブ…、何かを創るってそれだけじゃないと僕は思うんですよ。

むしろ、そういう枠組みに囚われていては見えないことが沢山あって、枠組みを飛び出してみると見える何だかわからない面白さや楽しさや可愛さや格好良さや綺麗さや熱さが、そこには在るんですよね。

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:4.5h

.

.

.

サロンワーク、普通の営業となると矢張りその枠組みに囚われがちになってしまいやすいです。

けれど、サロンワークとか、スタジオワークとか。

そういうよくわからない線引きは必要ないですしいらないと思っていて。

サロンワークが一番のクリエイティブであり続けたい。

そう思っています。

 

 

それは何も、ホワイトにしてイロトリドリ~とか、そういうあからさまなブリーチワークではなくて、こういうシンプルなスタイルであったり、何ならブラウンであっても。

ちょっと普通とは違う遊び心のある髪色。

そういうものを、作り続けていきたいなって思うんです。

 

 

そんな僕のカラー、是非。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加