美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > そのホワイトは本当に真っ白なのか

2018年7月14日

Hana

そのホワイトは本当に真っ白なのか

 fuwat

ゲシュタルト崩壊って言葉あるじゃないですか。

僕あれのこと、もっとヤバイこの世の終わり的現象を指す言葉だと思ってたんですよね。

なんかこう、あれじゃないですか。字面的にさ。

強そうじゃん?

 

 

意外と大したことないんですよね。意味が解ると。

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

てなわけで難しそうに見えて実はそこまで難しくないカラーの1つ~~~

 

 

 

 

 

ホワイト。

これね、個人的な所感ですけれど、下手な色を作るより白っぽくする方がよっぽど簡単なんですよ。

難しくするのは貴女のカラーやなんかの履歴なんだぜ。

地毛スタートならブリーチして黄色味を飛ばせばいいだけだからね。

恐らく、ヘアカラーの技術としては難しいのかもしれないけれど、色としてはいたって簡単シンプルなんですわ。

だって、本当の白はただ一つだからね。

 

 

 

 

 

そう。

 

 

 

 

 

”本当の白”はね。

 

 

 

 

 

例えばこちら。

 

 

 

 

 

こちらは青みが強いです。

実際にはもっと白っぽく見えるかもしれませんが、実際には青みが強く出ているためホワイトと言うよりは”ホワイティアッシュ”というのが正しいでしょう。

間違いないのは、”白っぽい”であって”純白”ではないということです。

 

 

 

 

 

お次はこちら。

先ほどのよりはくすみ感が少ないですが、それでも真っ白と言うには青と紫が強く出ます。

なので、この場合は白というよりも”シルバー”と言うのが正しいでしょう。

ちなみにこちらの方、ホワイトをご希望されていましたが肌色や質感、目の感じから真っ白よりもシルバーくらいのくすみ感があった方が似合いそうだと思ったため、このような形になりました。

これは僕の感覚というより、”パーソナルカラー”という考え方の元診断させて頂き、それをもとにご希望にも沿いながら作っています。

実はそういう理論じみたことも知ってたりします。

あまりそれに囚われてしまわないように気を付けているんですけどね。

 

 

 

 

 

お次はこちら。

もっとアオムラサキが強いのでわかりやすいですよね。

紛れもなくシルバーです。のっとホワイト。

 

 

 

 

 

割とホワイト。

 

 

 

 

 

 

これは色落ち。

紫ですけどね。

 

 

 

 

 

とまぁ、どんだけホワイトじゃないんだって話ですけれど、それくらい些細な履歴が大きく影響してきたり、ほんのちょっとの違いが大きく影響してきます。

白っぽいを作るのは非常に簡単ドシンプル。

けれど、純白に出来るのは髪の毛の貞操を守り抜いた子だけなんです。

そして、その髪の毛の貞操を守り抜き、更に過去の清算をしてくれたら…、

 

 

 

 

 

こうなります。

これぞホワイト。

そんな純白です。

ちなみにブリーチは1round。

ツヤツヤサラサラ切れ毛0でお送りしております。

 

 

 

 

 

 

メニュー:ホワイト・トリプルカラー(18000)

所要時間:5h

.

.

.

とまぁ、つらつらと書きましたが、ホワイトといってもそれが純白なのか白っぽい何かなのか。

似ているようで並べて見ると結構違いますよね。

基本的に、地毛からであれば1roundで作れます。

履歴によっては、既にブリーチをされていても出来ない場合もあったり。

けれど、可能な限りご希望に近づけるスキルはあるので是非ご相談ください。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加