美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > ブリーチのリタッチの理想周期が2ヶ月なワケ

2018年6月26日

Hana

ブリーチのリタッチの理想周期が2ヶ月なワケ

 fuwat

美容室に通う理想的な頻度ってどれくらいでしょう。

 

メンズで刈り上げているくらいのショートスタイルであれば、1ヶ月に1度…、下手したら1ヶ月経たないうちに気になってくる方もいるでしょう。

僕は何となく、ここ最近月1で切ってもらっています。

特に理由はないんですけどね。

カラーは2ヶ月に1回必ず行っています。

 

 

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

って言うのも、リタッチの理想の周期が2ヶ月くらいだからです。

 

 

 

何故なら、髪の毛って1本1本伸びる速度が違います

伸びれば伸びるほど、その速度の差からディバイディングライン(境界線)のジグザグが大きくなり、切れ毛のリスクが高くなってしまうからです。

 

 

 

 

 

こんな感じで、根元が10㎝近く伸びていると…、

 

 

 

 

 

わかりますかね?

ブリーチをしていた部分と、そうでない部分で境界線がぼけてしまっていますよね?

全体で見るとその境界線ははっきりとわかりますけれど、こうして毛束で取ったときによく見ると伸びる速度の違いから境界線のジグザグ感が大きく、ぼけてしまうのです。

 

 

 

こういう状態でリタッチをする場合、どうしたって伸びの早い部分に合わせないと、境界線に明るくなりきらない部分が出来てしまいます。

けれど、そうすると今度は伸びの遅い部分はブリーチされている部分に被さってくることになりますから、どうしたって切れ毛のリスクが出てきます。

勿論、ブリーチ回数だったりその他の履歴、如何にしてダメージを抑えるかによっても変わってきますけどね。

 

 

 

 

 

で、じゃあそういう時はどうするのさって話をね。

 

 

 

 

 

 

したかったんだよ。

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

 

なんとまさかのトーンダウンwww

そういうときもあるよね。

むしろ、ここまで伸びたなら伸ばし続けてグラデーションスタイルにしてあげたほうが安牌は安牌ですからね。

 

 

 

 

 

勿論毛先は、ほんのりと色を変えて。

1色に見えるけれど1色ではない。

それが僕のカラー。

僕が作る意味だと思ってます。

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:4.5h

.

.

.

とまぁ、今回はトーンダウンでしたけれど、リタッチをするとなると矢張りここまで伸ばしては危険度が高くなってしまいます。

けれど、1.5~2ヶ月であれば比較的その差が少ないので、かなり切れ毛のリスクを抑えることが出来ます。

 

勿論僕も、可能な限りダメージを抑えられるように努力をしていますが、どうしたって無理なこともあります。

けれどそれはあくまで”僕の努力だけでは”という話で、皆さんのご協力を得られればよりクオリティを上げ、ダメージも最小限にすることができます。

 

そのご協力というのは、

 

・普段のホームケア

・スタイリング

・ご来店周期

 

という3つが主となります。

むしろ、この3つさえ守って頂ければとっても有難いので是非ご協力をお願い致します。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加