美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 鬼に金棒なあのアイテムが何故オススメなのかっていう話

2018年6月15日

Hana

鬼に金棒なあのアイテムが何故オススメなのかっていう話

 fuwat

どうも、お久しぶりです。

シャンプーソムリエの、Hanaです。

ここ最近はずっとメラニンスレイヤーとしての記事ばかり書いていましたが、実は僕ちゃんとシャンプーソムリエもしています。

某熊谷のボスがカラリストだと思われがちなように、僕もメラニンスレイヤーなだけでなくシャンプーソムリエという一面も持ち合わせているんです。

 

 

 

ところで、ブリーチというダメージの権化みたいなものと、シャンプーというヘアケアの基礎の基礎、その両方を武器としているってなんかあれですよね、メドローア的な…。

と言ってもまだまだ未熟者なので、メヒャドくらいかな。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

さてさて、つい先日お話しした鬼に金棒なアイテム~~~

 

 

 

 

 

ムラシャン界のキングと言っても過言ではない、

シュワルツコフのGOOD BYE YELLOW

 

 

 

これを使うと、ホワイト領域までリフトした髪の毛が…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に…、

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトを通り越してアイシー(冷たい)ホワイトに。

ってかもう、ここまで行くとシルバーですってくらいの染料濃度…。っょぃ。

 

 

 

で、それはつまり裏を返せば、

今まで維持の難しかったシルバーも、簡単に維持が出来るようになったということ。

 

 

 

「シルバーの維持って難しいの??」

と思われる方もいるかもしれませんが、実はホワイトとシルバーならホワイトのほうが維持が簡単です。

 

というのも、

 

1、ホワイトもシルバーも、同じ無彩色でめっちゃ明るい色

2、無彩色=髪の毛に残っている色素:それに対応する補色=1:1

3、明るさ(色素の数)はホワイト<シルバー

4、シルバーの方が必要な色素が多くなる

5、既存のムラシャンやシルバーシャンプーでは色素が薄い=足りなかった

 

という理由で、ホワイトよりもシルバーのほうが維持が難しいもので、シルバーを維持させるためにはリアルホワイツにできるくらいのベースメイクが必須でした。

けれど、このグッバイイエローの濃度だとしっかりとアオムラサキが入ってくれるので、ご自宅でのケアで十分シルバーも維持していけるということなのです。

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

そんなのはさておき。

染料濃度もさながら、このグッバイイエローの良さはそれだけではなく…、

 

 

 

 

 

この処方…。

 

シャンプーソムリエの端くれとしては待ってましたと歓喜しました。

ブリーチ毛や塩基性カラー(マニパニとかカラーバターなど)で染めた髪の毛との相性が抜群に良い最&高な処方…。

シュワちゃん(シュワルツコフ)さんマジ天使。

 

 

 

 

 

もうちょっとわかりやすく、書き出してみると…、

 

 

 

・GOOD BYE YELLOW

水・コカミドプロピルベタイン・ココイルメチルタウリンNa・ヤシ油アルキルグルコシド・塩化Na・オレフィン(14-16)スルホン酸Na・ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・ヤシ脂肪酸・スクレロカリアビア種子油・水添ヒマシ油・PEG-40水添ヒマシ油・クエン酸・パンテノール・ポリクオタニウムー10・ジステアリン酸グリコール・安息香酸Na・ラウレス-4・PG・香料・紫401・HC青12・HC青16

 

 

・比較のために、以前までfuwatで扱っていたY社のムラシャンは…、

水、トリセデス-3酢酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸Na、コカミドDEA、ジメチコンポリオール、ポリクオタニウム-10、DPG、安息香酸Na、レシチン、卵黄油、ヒアルロン酸Na、紫色401号、香料

 

 

・もう1つ、個人的に1roundホワイツをやるためにお試しで使ってみた某Kのムラシャンは…、

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、フムスエキス、ポリクオタニウム-10、ココイルグリシンNa、エチドロン酸4Na、クエン酸、EDTA-2Na、香料、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、紫401

 

 

 

 

 

…なんて、わかりやすくと言ったところでなんも分からないという方も少なくないでしょうからちゃんと解説させて頂くと…

 

 

 

先ず大前提として、

 

・シャンプーの全成分の内、60~80%を水が占めている。

・シャンプーの成分は界面活性剤(洗浄成分)が70%水も含めた全体の成分で言えば14~28%を占めている。

界面活性剤以外の成分…、シリコーンをはじめとする質感を作るための成分や香料、品質維持のための成分などはすべてひっくるめて30%以下水も含めた全成分の中で言うと6~12%程度。

 

 

 

つまり、シャンプーの合う合わないを考えたときに、

良く広告で使われるような「新処方○○成分配合☆」とかは比較的どうでもよくて、

”どんな界面活性剤の処方になっているか”が肝心要となります。

それがあった上でのその他成分であって、界面活性剤以外は一切関係ないというわけではないので悪しからず。

 

 

 

よくある市販のシャンプーだと、めっちゃ洗浄力の高い界面活性剤と、そのパワーを穏やかにさせるための補助的界面活性剤と、泡立ちを助けるための剤がベースに、コーティング系の成分をがっつり入れて、さも洗いあがりの質感を良さそうに見せている…とかw

結構あります。

 

 

 

けれど、必要以上に高すぎる洗浄力は、髪の毛にとっては負担になりますし、頭皮にとっては乾燥を招きその乾燥からさらに乾燥させたり逆に乾燥しているが故に脂性肌になってしまったり…。

勿論、頭皮の状態によってはある程度しっかりとした洗浄力が必要な場合もありますから、一概にそのような洗浄力高目な界面活性剤を悪とするつもりは毛頭ありません。

けれどそこを、そのシャンプーの本質を理解せずに、

安いから、よく見るから、香りが好きだから、なんとなく、友達が使ってたから…etc

という理由でシャンプー選びをするのは、おススメしないを通り越して”危険”です。

 

 

何故なら上にも書いた通り、

頭皮、髪の毛の状態にあっていないシャンプーは、頭皮髪の毛にとって負担(害)になってしまうから。

逆に、それらの状態にあったものはヘアケアの土台として綺麗な髪の毛を作っていける。

ということだからです。

 

 

 

 

 

さて、話を戻そうw

シャンプーを見る上での最低限の部分なので書かないわけにはいかないのだけれど、にしても長くなりすぎたからね。

 

 

 

その大前提を知ってもらった上でもう一度…、

 

 

 

 

・GOOD BYE YELLOW

水・コカミドプロピルベタイン・ココイルメチルタウリンNa・ヤシ油アルキルグルコシド・塩化Na・オレフィン(14-16)スルホン酸Na・ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル・ヤシ脂肪酸・スクレロカリアビア種子油・水添ヒマシ油・PEG-40水添ヒマシ油・クエン酸・パンテノール・ポリクオタニウムー10・ジステアリン酸グリコール・安息香酸Na・ラウレス-4・PG・香料・紫401・HC青12・HC青16

 

 

・Y社のムラシャン

水、トリセデス-3酢酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸Na、コカミドDEA、ジメチコンポリオール、ポリクオタニウム-10、DPG、安息香酸Na、レシチン、卵黄油、ヒアルロン酸Na、紫色401号、香料

 

 

・某Kのムラシャン

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、フムスエキス、ポリクオタニウム-10、ココイルグリシンNa、エチドロン酸4Na、クエン酸、EDTA-2Na、香料、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、紫401

 

 

 

化粧品分類のシャンプーは量の多いものから順に成分を表示するというルールがあるので、それも踏まえて見ていくと、

 

 

 

Y社

 

トリセデス-3酢酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸Na、コカミドDEA

 

このあたりが界面活性剤と補助剤。

弱酸性のせっけん系の界面活性剤を主剤に、タウリン、アミノ酸系と続き補助剤が来ていることから、高くもなければ低くもないちょうどいい洗浄力でブリーチしている髪の毛には決して”悪くない”処方であると言えます。

 

 

逆に、Kのムラシャンは…、

 

ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、塩化Na、コカミドプロピルベタイン

 

このあたりが界面活性剤と補助剤。

ラウレス硫酸Naは最近よく叩かれている高級アルコール系の界面活性剤です。その後に補助剤が2つ続いて両性界面活性剤であるベタインという…、市販のシャンプーでもよく見る定番の処方です。

これが髪質的におkと言えるのは、ブリーチや縮毛矯正していない髪の毛…、何ならパーマや普通のカラーをしている方も避けた方がよさげかな…。

とはいっても、ラウレス硫酸Naをはじめとした高級アルコール系の界面活性剤自体は決して悪いものではないのでそのあたりは勘違いしないでくださいね。あくまで使い方、処方の仕方ですから。

 

 

で、今回のグッバイイエロー

 

コカミドプロピルベタイン・ココイルメチルタウリンNa・ヤシ油アルキルグルコシド・塩化Na・オレフィン(14-16)スルホン酸Na

 

このあたりまでを見ればいいかな。

先ず特筆すべきは、メインの界面活性剤としてベタイン(両性界面活性剤)が使われていること。

この両性界面活性剤ってのは、プラスとマイナス、両方のイオンを持った界面活性剤。

其れの何がいいかと言うと、僕が良く使う塩基性カラーはプラスのイオンを持っていて、髪の毛の中のマイナスのイオンに吸着し発色する。

つまり、塩基性カラーと同じイオンであるために色落ちを引き起こしにくいということ。

更に、プラスのイオンの界面活性剤(カチオン界面活性剤)は被膜形成だとか所謂トリートメント的効果をもっていて、洗浄力もマイルドであることから色落ちをさせにくい…。

それに続いてタウリン系、これはアミノ酸系の界面活性剤に近い特性を持ちながら、アミノ酸系よりも比較的さっぱりとした洗いあがりになるので、よくあるダメージケア系のシャンプーのような”変にべたつく感じ”にもなりにくい

それら二つを踏まえた上で、洗浄力を補助するための界面活性剤や補助剤が続くという…。

めっちゃ色持ちを考えてるけど、しっかりと洗うことも出来るシャンプー

と言える処方なんです!

もうね、見た瞬間、「やっぱシュワちゃんすげぇわぁ~」ってなりましたよ本当。

 

 

 

しかも、それでいて

310ml入って¥1500‐。

お手頃価格なんですよ~。

…これは僕が言われて一番、「だからなに?」ってなるワード何であまり言いたくない言葉なんですけど…。

 

 

僕も、買って使ってます。

 

 

 

それくらい、スーパーハイトーンにスーパーウルトラハイパーミラクルぴったりのシャンプーの1つと言えるのです。

 

 

 

 

 

勿論、これはあくまでカラーの維持に於いて滅茶苦茶相性がいいものであって…、

 

 

 

 

 

ダメージケアも考えるのであれば、グッバイイエローと併せてoggi ottoを使ってもらえると理想的です。

 

 

 

PPT系界面活性剤両性界面活性剤

どちらも似たような効果がありますけれど、

PPT系は比較的ダメージケアに向いていて、両性界面活性剤は色持ちを良くすることに向いている

ので、僕が良く作るようなハイトーン、スーパーハイトーンのカラーをされている子は、

普段のシャンプーはoggi otto、週に1回必殺のムラシャン使用法でGOOD BYE YELLOW

という形で使ってもらえると、最高に綺麗な状態を維持してけるのでオススメです。

 

 

 

 

 

メニュー:「Hanaさんグッバイ頂戴」(1500)

所要時間:3秒

 

 

 

 

 

メニュー:「Hanaさんオッジー頂戴」(3500)

所要時間:3秒

.

.

.

普段ブログではあまり書きませんけれど、ブリーチありきのカラーを好きで専門としているので、それ故に同時にヘアケアにも力を入れています。

僕のブリーチは、サラサラツヤツヤで天使の輪がかかるような仕上がりにできますが、その状態を維持するためには皆さん自身のお家でのケアが必須となります。

仮に毎月お越し頂いたとして、お店でする12/365のケア御自宅でされる353/365のケア

どちらの影響のほうが大きいかは、言わずもがなかと。

 

 

 

理想としては、oggi ottoとGOOD BYE YELLOWの併用です。

両方を併用した場合、女性のミディアムくらいの長さで3ヶ月周期で買って頂くことになるので、3ヶ月ごとに5000、1ヶ月大体1300程度をヘアケアにかけて頂くことになります。

でも、裏を返せば月1300かけるだけで、理想的な状態を維持していけるということ。

そう考えれば、決して高くないのではないかなと思います。

 

 

 

どんなに綺麗な髪色であっても、綺麗と言える状態でなければそれは汚い髪の毛と言わざるを得ません。

綺麗な髪色を綺麗な状態で作るために、綺麗な状態の髪色を維持していくために、是非ご協力いただけたらと思います。

.

.

.

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加