美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > ○○も、モノによっては黒染めしてるのと同じになっちゃうんだって話。

2018年5月30日

Hana

○○も、モノによっては黒染めしてるのと同じになっちゃうんだって話。

 fuwat

 

最近、ブログを書く時のBGMが”地上の星”です。

なんか、強くなれる気がします。

 

ブログを書く上での、プレックス系処理剤みたいなものです。

 

 

 

…伝わらんよね。まぁ、いいさ。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

Pinterestこちら

.

.

.

旧ブログ兼Hana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

「初めましてHanaさん!ホワイトアッシュにしてください!」

 

---ホワイトアッシュって、よくわかんないよね。

 

 

 

 

 

ってわけでご来店。

 

 

 

 

 

 

根元の方10㎝弱は地毛…、で…。

 

 

---履歴は…、今までブリーチはしたことなくて、ずっと地毛くらいのブラウン系…、からの2月にセルフ黒染めと。

 

「ですです。」

 

---うぅぅぅぅぅ…。

 

「厳しいですよね…。」

 

---かなりとってもだいぶ結構。

 

「やっぱり黒染めしちゃうとそうですよね…。」

 

---ん~~~、それもそうなんだけれど…。

 

 

 

 

 

と、僕のブログをしょっちゅう読んでくれている子達はもうお判りでしょうけれど、

黒染めをしてしてしまった髪の毛を明るくするのはかなり大変

です。

 

まぁ、そんなのは僕のブログを見ていなくても知っている人は知っているでしょう。

 

けれど、そもそも何故明るくなりにくくなってしまうのか…。

 

 

 

それは、根本的なカラー剤に含まれている染料の種類に関係します。

 

 

 

カラー剤…、一般的に髪の毛を明るくしたりするやつね。アルカリカラーともいう。

これには

 

・直接染料

・カプラー

・中間体

 

という3つが様々なバランスで含まれています。

その比率とかなんだとかが、同じ色でもメーカーによってちょっと違うとかになってくるんですけれどそれはさておき。

 

で、この中の中間体ってやつ。

 

これだけ、酸化重合という反応を起こして髪の毛の中で色素が大きくなり結合をします

 

故に、良くも悪くも抜けにくくなってくれるわけです。

 

 

 

 

 

 

---でね、この中間体ってやつは、ざっくり言えば”茶”なんだけれど。

この中間体を極限まで濃くしたのが、所謂黒染めなんさ

 

「な、なるほど。だから黒染めした毛は明るくなりにくいんですね。」

 

---そう。んで、もう一つ。

今言った通り、中間体ってのは簡単に言えば”茶”なんだ。

 

「…あっ。」

 

---そう、つまり、地毛くらい暗いブラウンってのは…。

もっと言えば、乱暴な言い方になるけれど、ブラウンは黒染めするのとそんなに大きな差はないんだ。

 

「な、なるほど…。」

 

---それを繰り返してたとなると…、もうわかるよね?

 

「はい…。」

 

---とは言え、ブリーチしてみないことには何とも言い切れないから、とりあえずブリーチします。

 

「ハイ!よろしくお願いします!」

 

 

 

 

 

と、そんな脅しのようなことを口にしておいてなんですけれど。

ぶっちゃけ、履歴的にはそんなに酷くないとも言えます。

 

 

なぜなら、

過去にブリーチもパーマも縮毛矯正もしていないし、普段アイロンもそんなにしないということだから。

つまり、髪の毛の体力がたっぷり残っているということ。

 

 

であれば、確かに染料を抜くこと自体は大変ですが、フルパワーでの殲滅戦をすることが出来るので…、

 

 

 

 

 

これくらいまでは、よゆーでできます。

勿論、切れ毛なんか0ですし、髪の毛がトウモロコシの髭のようになるポーラスという状態にもなっていません。

 

 

 

で、ここまでできればもうヌルゲーです。

積み重なってきている毛先は、確かにまだ黒染め特有の赤みが残っていますけれど。

それは今回だけで無くすというより、期間をかけて殲滅していきます。

 

 

 

というのも、

 

 

 

ぶっちゃけ、ブリーチだけで濃い中間体を除去しきるのはほぼ不可能

だからです。

 

 

けど、面白いことにブリーチした後、していなくてもですけれど、

上から被せた染料の色落ちと共に、少しずつ持って行ってくれるんですよ。

そしてそれであれば、

ブリーチをするよりも圧倒的にローダメージで除去できる…。

 

 

時間はかかりますけれど、ダメージを抑えて綺麗な色にするには、絶対に間違いない方法だと思います。

 

 

 

 

 

そんなわけでonカラーしてできたのがこちら…、

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

かなり、シルバー。

なんか巻きが傾いているんだけどまぁうん。

 

 

 

光の当たり具合では、ほぼホワイトに見えるくらいの状態です。

と、チラ見えしてますけれど。

 

 

 

インナーは、アオムラサキです。

ウルトラバイオレット…、ではないかな。

まぁ、そんな感じ。

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:5h

.

.

.

黒染めしてると云々って話はよく聞くと思います。

でも実は、ブラウンも似たようなもので、それが暗くなればなるほど、どんどん近づいてきます。

 

 

けれど、上にも書いた通り、それだけであれば大した問題ではないとも言えます。

問題なのは、ダメージ度合い。

 

 

明るくして、暗くしてを繰り返していたとか。

縮毛矯正とかパーマをしているとか。

普段ちゃんと乾かさずに寝るとか。

130度を越えるアイロンでプレスして伸ばしていたり。

巻くときに同じ個所に長時間当てていたり。

 

 

そういう、1回に受ける大きなダメージは勿論、日々のちょっとしたダメージの積み重ねが、髪色の自由を奪っていきます。

 

 

 

だからこそ、髪の毛は大切に扱わなければならないですし、その中には日々の扱いだけでなく”美容師選び”も含まれています。

そして、僕らはその”選ばれる”ために必死になって、日々学び検証し反省し挑戦をしているのです。

 

 

そんな僕はブリーチに関しては滅茶苦茶自信があるので是非ご相談ください。

出来ぬことなど、あんまりない!です。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加