美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 【よくある】「ピンクと合う色って何ですか??」【質問的なアレ】

2018年5月20日

Hana

【よくある】「ピンクと合う色って何ですか??」【質問的なアレ】

 fuwat

キムチャー。

うんめぇよな。

うちのコンロ、昔ながらの鉄板温める式のIHなんですけど、それでも最近チャハーンもパラパラに作れるようになりました。

 

あれですよね。

何を使うかじゃなくて、どう使うか。

美容も料理も、一緒ですね。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

最近、オーダーの偏りを凄く感じます。

 

特に多いのは、アオやムラサキの寒色系。

グレーやシルバー、ホワイトといった無彩色。

そしてピンク。

 

理由を聞いていくと、大体どれも、

他所で希望の色にならなかったから。

ということが多いです。

 

 

 

確かに上の3つはどれも、ベース作りがとても大切で、色の中では比較的作るのが難しい方かと思います。

けれど、どれも理屈さえ理解すればそこまで難しいことはないんですよ。

 

ヘアカラーで難しいことは多分、

スーパーハイトーン(特にホワイト)とダメージレスの両立と配色

この2つだけじゃないかと思います。

 

色を作るだけなら、本当に簡単なんですけどね。

ダメージコントロールと色の配置ってのは、経験とセンスがモノをいいますから。

何度も何度もやっては学び、それを繰り返さなければ得られないものなのかなぁ…、なんて。

 

 

 

ま、それはさておきです。

 

 

 

そんなオーダーの多いピンク系のお色。

 

全体をがっつりピンクにすることは少ないですが、グラデーションやインナーカラーとして作ることが多いです。

そのため、よくある質問として、

「ピンクと合わせるならどんな色がいいですか??」

と聞かれます。

 

 

 

が、

 

 

 

合わない色は、ありません。

ホワイトだろうがシルバーだろうがグレーだろうが黒だろうが。

青でも紫でも緑でも黄色でも。

 

合わない色なんてものは、存在しないんですよ。

 

そこにあるのは、”どういう印象になるのか”ということだけです。

 

色相を離せば離すほど、色相のコントラストが強くなりますし、近ければ馴染みます。

ただ、それだけのこと。

 

その元となる”どういう印象にしたいか”というのは僕らではなく、自分がどうしたいかですから、そこをお話し頂いた上でどうするかを決めることができるわけです。

 

 

 

で、

 

 

 

そんなわけで、ちょうど似てるけどちょっと違うピンクの子が続いたので…、

 

 

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

このような、ピンク”ブラウン”から伸びるピンクと…、

 

 

 

 

ほいっ

 

 

 

 

ピンク”ベージュ”からピンクがグラデーションっぽく見えるインナーカラー。

 

 

 

似ているようで全然違う。

そんなお二人です。

 

 

 

 

 

ピンク”ブラウン”とピンク”ベージュ”

同じ茶色系ですけれどここまで印象が違うのは、

そもそもブラウンとベージュが、暖色系の茶なのか寒色系の茶なのかという全く異なるモノだからです。

 

ブラウンはどちらかというと暖色系。

ベージュは比較的寒色系。

そのベースにピンクを乗せるってことは、

暖色寄りなピンクになるのか寒色寄りなピンクになるのか

という大きな違いを生みます。

 

 

更に、前者の子の場合はレイヤーの入っていない重めなスタイルで、後者の子の場合はレイヤーの入った軽めなスタイルです。

重めなスタイルの場合はインナーカラーだと表面には出ないですし、軽めなスタイルだとインナーカラーでも表面に出てくれます。

なので、前者の子の場合はハイライトとバレイヤージュで、後者の子の場合はハイライトとインナーカラーを使って、グラデーションで見えるように作っています。

 

 

 

 

こんな感じで、並べてみると全然違いますよね。

 

似ているけれど全然違う

それは、色をどうするかもそうですし、ベースをどう作るか。

もっと深く掘り下げれば、どんな印象にしたいか。

 

合う色かどうか、ではなく”どういう印象にしたいか”で色を考えてもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:3.5h

.

.

.

メニュー:Hanaカラー

所要時間:4h

.

.

.

ピンクに何色を合わせるか。

ピンクブラウンなのかピンクベージュなのか。

似ているけれど、印象は全然異なります。

そしてそれは、必ずしもこう出なければならないということはなく、その選択は自由でいいと思います。

 

なので是非、合うかどうかではなくどうしたいかでお色選びをしていただけたらと思います。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加