美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 【Hana式】「ピンクベージュにアジサイ畑を咲かせてほしいです!【ブラウン】

2018年5月13日

Hana

【Hana式】「ピンクベージュにアジサイ畑を咲かせてほしいです!【ブラウン】

 fuwat

久しぶりに、唐揚げを作ったら作りすぎました。

やーーー、ついね。つい。

なんかさ、唐揚げ上げるのって楽しくないですか?

こう、タレに漬けて、衣をまぶして、ジュワジュワ~って音を立てながら揚がっていくあの感じ。

その音だけで、もう美味しい。みたいな。

.

.

.

.

.

まぁ、これ片栗粉で揚げているので竜田揚げなんですけどね。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

似ているようで微妙に違う。

そういうの、たくさんありますよね。

フリーハンドで作るグラデーションと、バックコームで作るグラデーションみたいな?

どっちもそんなに変わらない仕上がりに出来るはずなんですけど。

.

.

.

で、

.

.

.

「Hanaさんお久!」

 

---ほんまに久しぶりやな。

 

「今回は、ピンクベージュにインナーにアジサイ畑にしてくださいっ!」

 

---ほいさっさ。

 

 

 

ってなわけでご来店。

 

 

 

 

全開は成人式カラーで、ハイライトとバレイヤージュでグラデーションにしておりました。

インナーはホワイト領域まで持って行っておりました。

4ヶ月…、空いたねぇ~。

 

---さて。

 

色落ちしても綺麗で、ついwwwと、お任せで!w」

 

---でたよwww

 

被せのピンクベージュは、ほんのりって感じがいいです!」

 

---あいさ~。

 

「あと、ちょっと明るくしたいです!」

 

---ちょっと?

 

「ちょっと。」

 

---ちょっとちょっと。

 

「古いなぁ…。」

 

---それなぁ。

 

 

っていう、ラフなカウンセリングなのか世間話なのかよくわからない会話から…、

 

 

 

ちょっと明るくしたいってことで…、

 

 

で、ここで問題というか僕が意識していることなんですけれど。

 

僕にとっての仕上がりは、このブログの中でも何度も書いておりますが、

”染めたての色やスタイル”ではなく、”染めたて~色落ちして次にご来店されるまでの色やスタイル”

のことを指して仕上がりと言います。

 

なので、「明るくしたい。」となったときに、

染めたてから明るい方がいいのか、

色落ちしたときに、今よりも明るくなる方がいいのか。

どちらなのかによって、その作り方…というか、そもそもの方向性が変わってきます。

 

勿論、既にカラーをされている髪の毛なので、それを明るくするためにはブリーチが必須であることに変わりはありません。

が、その時点でどれくらいの明るさにどう持っていくか、どんな色をどう乗せるか。

この点において、180°違うと言っても過言ではないくらい違ってくるのです。

 

 

 

で、

 

 

 

この子の場合、染めたてはしっかりと色味が入っていていいけれど、色落ちしたときに今より明るくなるようにしてほしい。

それもガッツリではなくほんのりと、ということだったので、ちょっと前からハマっているハイライトの入れ方でもって、細く細かく沢山入れて、それによって全体的にほんのり明るくなったように見えるように作っていき…、

 

 

 

 

 

ました。

 

 

 

 

 

これは、アジサイ畑部分。

乾かす直前、ウェットの状態で適当にぶわぁってとかしたら面白い画になったのでつい。

 

 

 

ってなわけで、最後にHaruka氏にカットしてもらって仕上げてもらったのがこちら…、

 

 

 

へい!!!

 

 

 

細く、細かく、盛りだくさん。

なんて書くと、めっちゃハイライト~!な感じがするかもしれませんけれど、このように入っていることが主張してこないくらい馴染ませています。

逆に、太く大きく入れていくほど、ハイライトが入っている感が強調されコントラストも強くなっていきます。

 

今回はあくまで、”色落ちしたときに、全体を、ほんのりと明るく見せるため”のハイライトなので、要所要所に欲しいデザインポイントを除いて細かく。

乗せるベースのお色もちょい濃い目に。

その上から、ピンクのヴェールをかけてあげて。

 

 

 

で、インナーのアジサイ畑は…、

 

 

 

 

 

こんな感じのちょっと大ブリな感じで、異なる3つのムラサキをちりばめています。

本当のアジサイ畑なら、こうはなりませんけどねwww

いいんです。こうなったら、こうだったらいいなぁ~、っていう願望最優先で。

 

 

 

まぁ、僕のカラー、基本全部そうなんですけどね。

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)+カット(5000)

所要時間:5.5h

スタイリスト:Haruka

.

.

.

そんなわけでアジサイ畑カラー。

…は、あくまでおまけ。

 

今回の僕の中でのメインコンテンツは被せのピンクベージュなんですけど、如何でしょうか?

これもまた、Hana式ブラウンの1つで、

ベースの明るさとムラの元となるハイ・ローライトを入れて、ベースの色となる色調整をし、求める色のヴェールをかける。

 

「ブラウンを作るためにそんな工程が必要なの!?」と思われる方もいるかもしれませんが、お料理と一緒で、

手間暇かけて下拵えをしっかりした方が、パパっと作ったインスタントな髪色には出せない、立体感や色の深みや質感になってくれます。

ムラというと聞こえが悪いかもしれませんが、調和のとれたムラは髪色に表情を与えてくれるんですよ。

 

毎日毎日ブリーチに触れ、塩基性(マニパニやカラーバターなど)を扱っているからこそ作れる、僕のブラウン。

是非、ご相談頂けたらと思います。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加