美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 今巷で話題のカラー剤、使ってみた結果…。

2018年4月30日

Hana

今巷で話題のカラー剤、使ってみた結果…。

 fuwat

ここ数年、何か知らないですけれど、

カラー剤の新作ラッシュが続いている気がします。

グレージュ的なのが流行り始めたあたりからですかね??

 

ちょっと前までマニパニ・クレイジーカラー・カラーバターくらいしかなかった塩基性も、ロコル・カラーワークスなんかがでてきて、既存のモノとはまた違った色合いや質感でまた面白い。

「色が出れば大体一緒じゃない?」

と思う方もいると思いますし、僕自身そう思っている節もありますけれど、微妙な質感の違いも矢張りあり、そこが面白さなのだろうな~って思ったりします。

気づいてくれる方そうでない方いらっしゃって、もしかしたら僕の自己満でしかないのかもしれませんけれど、そういうディティール、大切にしたいですよね。

 

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

でね、こう、毎日毎日メラニンとじゃれあいながら、上で挙げたような所謂塩基性カラーってやつとかをダバァしてたらですよ、

 

 

「Hana君、これ、使ってみてくれない??」

という何とも光栄なオファー的なものを頂きまして。

 

 

 

 

 

頂きました。

 

ロイド カラーディップ

という、割と最近できたばかりの塩基性カラー。

パブリックとプロフェッショナルの中間的存在で、まだ出たばかりなのもあって色数は現時点で6色。

 

気になってはいましたが、中々手に取るタイミングがなく「そのうち~。」なんて思っていたら、なんとまさかの作っている方から直々にオファー的なのを頂くという…。

 

 

 

神かよ。

 

 

そんなわけで、早速使ってみようと思い…。

 

 

 

ピンクにしたいマンを召喚しました。

 

 

嘘です、ちゃんとお客さんです。

モデルは…、今のところ必要性がないのでやりませんので悪しからず。

 

 

で、

 

 

 

実はこの子、前回来てくれた時に僕の髪色を見て

「そのピンク私もやりたい!」

と言っていたので…、

 

 

 

---何でもいい?

 

淡目であればあとはお任せで!」

 

---あざっす!!

 

 

 

ってな感じで。

 

 

 

一旦シルバーのベースを作って。

 

 

 

 

どうせなら、普段一番よく使うマニックパニックとの違いも分かるようにしたいなぁ~

と思ったので、同じくらいの明るさ色味鮮やかさで、左マニパニ右ロイドで塗っていき…、

 

 

 

ました。

 

 

 

へい!!!

 

 

 

 

 

改めて、左がマニパニ右がロイド

色味、明るさ鮮やかさは大体同じに設定しました。

 

が、本当に若干ですけれど、ロイドで塗った右側のほうが、比較的柔らかな色の出方をしてくれています

結構薄めていますけれど、マニパニはやっぱりパキっとしたような感じで。

 

イメージ的には、

マニパニ=油性マーカー

ロイド=水彩色鉛筆

みたいな感覚かなぁ…。

 

 

個人的にはロイドの発色、めっちゃ好きです。

パッキパキなのも好きなんですけどね。

どちらかというと、柔らかな方が好きなので。

 

 

 

あ、スタイル的にはあれね。

シルバーで作ったベースをスキマとして入れることで、ちょっと濃いめのピンクでも柔らかく見えるように。

最初から淡いと、秒で色落ちしちゃいますからね。

かといって、全部を全部塗りつぶしてしまうと、ただの濃過ぎず薄すぎずなピンクになってしまうので、より明るく淡く見えてくれるようにスキマを作ったのです。

 

 

メニュー:Hanaカラー(18000)

所要時間:4.5h

.

.

.

ここ数年、ブリーチにまつわる様々な薬剤が出てきました。

ブリーチによる切れ毛を抑えるものや、減力剤。

塩基性も様々なものが出てきたり、アルカリカラー(所謂普通のカラー剤)もアッシュに強いみたいなものが出てきてくれて。

本当に、ありがたい限りです。

けれど、原理原則は変わりませんし、ベースとなるのは塗布技術と薬剤選定、その上に成り立つ配置配色と言ったデザイン力

僕もまだまだ未熟者ですけれど、様々な状態やご希望のお色やスタイルに合わせて使いこなせるよう、精進せねばですわ。

もっともっと、僕自身が楽しいと思え、来てくれた子の期待を超えられるように。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加