美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 「Hanaさん!こんな感じにしてください!」→それ、○○だからちょっとアレンジさせて。

2018年4月11日

Hana

「Hanaさん!こんな感じにしてください!」→それ、○○だからちょっとアレンジさせて。

 fuwat

カレー、うめぇ。

俺のカレー、うんめぇwwwww

って言えるくらいには、カレー作るの好きです。

とりあえず、玉ねぎはあめ色にする。じゃがいもは入れない派閥です。

あとは割と何でも好きです。

ところで、カレー作りってブリーチカラーと似てると思うんですよ。

丁寧に、じっくりコトコト。手間暇かけて。

だから、好きです。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

カレーにも、美味しく作るためのセオリー的なものがありますよね。

カラーにも、可愛く作るためのセオリーがあります。

.

.

.

そういう枠組みに中指を突き立てるのが、僕の生業です。

.

.

.

で、

.

.

.

とか言った手前あれなんですけど、今回は

オーダーされた髪色が、可愛くないよぅ…。

って話。

.

.

.

「Hanaさーーーん!!」

---はいはい。

「これ、やりたいっす。」

---それ?やりたいの??

「ダメです??」

---だめじゃぁ、ないが…。アレンジしていい?

.

.

.

ってわけでご来店いただいたのはこちらの…。

.

.

.

オマカセトリドリにしていた、神奈川のいっちゃん端っこから来てくれているこちらの子。

前回の記事はこちらをご覧下し。

.

.

.

ほぼ丸2ヶ月経っているので完全褪色しておりまして…。

頂いたオーダーは、ブリーチしている部分の根本側数センチがムラサキ、そこからアオに繋ぐ、バイカラーとバイカラーを重ねたようなスタイル。

ちなみに、グラデーションカラーとバイカラーは別物なのです。些末な問題ですが一応。

.

.

.

で、

.

.

.

「アレンジ、とは。」

---んとね、送ってもらった画像有るじゃない?あれさ、可愛くねぇんだ。

「えっ。」

---や、あのスタイル自体は別にいいんだ。シンプルだけれど面白いと思うし。

た、だ、配色があかんな。

「っていうと??」

---えっとね、ムラサキとアオだと、分類的に同じ明るさ鮮やかさ、つまり同じトーンでもムラサキよりアオのほうが明るいから、配色の方向性としては間違っていない。

けどね、あの写真もう一度見てもらうとわかると思うんだけど、毛先のアオのほうが暗いのよ。

「あっ、確かに…。」

---でしょ?理由は色々考えられるのだけれど、それは別にどうでもいいとして…。

本来髪の毛って、根本が暗くて毛先に行くにつれて明るくなるのが自然なのね。

”自然な髪色”からかけ離れた色にこれからする手前アレだけれど、むしろそういう髪色にする時こそ、そのセオリーを守ったほうが良くて。

「なんでです??」

---端的に言えば、”その方が上品になる”から。

勿論、あのまま再現するっていうのも別に無しではないけれど、ちぐはぐ感がどうしたって出てしまって、”ただ派手なだけ”の世間一般蔑まれる派手髪になってしまうんだ。

「それは…、」

---僕が目指している派手髪でもないし、そういうのは嫌だよね?

だから、根元のほうは同じようなムラサキにするにして、毛先はもう少し明るめに見えるブルーに変えさせてもらってもいい??

「勿論です!それでお願いします!!」

.

.

.

ってわけで。

可愛い髪色を作るためのセオリーの1つ、

根元のほうが暗く、毛先のほうが明るく。

これは何も、グラデーションカラーがどうとかではなく、どんな髪色であれ。

全ての髪色に言えることです。

逆に、根元から毛先まで完全に一色に染めると、はっきり言ってウィッグと同じような見え方をしてしまいます。

つまり、とっても不自然。

裏を返せば、”ドーリー”な感じになってくれるので、「お人形さんみたいにしたい!」という方にはいいかもしれませんが、個人的にはあまり好きではありません。面白みがないから。

.

.

.

根元のほうが暗く、毛先のほうが明るく。

上にも書いた通り、同じトーンの中であればムラサキのほうが暗くアオの方が明るいので、そのまま染めればセオリーに沿うはず…。

なのですが、ただそう染めただけではそう簡単にセオリーに沿わせてくれないのがヘアカラーの難しい、そして面白いところ。

.

.

.

この記事を読んでくださっている方の中にも、

「同じ薬剤で染めてもらったはずなのに、毛先のほうが暗くなってない??」

といった経験がある方もいるのではないでしょうか?

それは、カラー剤は様々な条件によって色の入り方、つまり染まり方が変わるからです。

そしてそれをクリアしていくのが、知識と経験ってやつなのです。

.

.

.

で、

.

.

.

そろそろ前置きが長くなってきたので答え合わせをしていきます。

.

.

.

へい!!!

.

.

.

パープルからブルーへのバイカラー×バイカラースタイル。

巻いているので光の当たり方が不均一で分かりづらいかもしれませんが、

パープルをより暗く見せるため、毛先のブルーは少しだけミドリみに寄せています。

もっと言うと、何を思ったか写真撮り忘れましたが、

内側の方を暗く、表面の方が明るくなるように、少しずつ色味を変えてたりします。

.

.

.

こんな感じに。

根本より毛先のほうが明るいことがセオリーであるように、内側よりも表面の方が明るいこともまたセオリーの1つです。

…、つまり、インナーカラーはそういうセオリー、枠組みに中指突き立ててる最高にクールなスタイルなんだぜ☆って話でs…。

.

.

.

閑話休題。

.

.

.

メニュー:ダブルプロセスカラー(13000)

所要時間:2.5h

.

.

.

「人とは違う髪色にしたい!」

わかる。滅茶苦茶わかる。

けれど、だからと言って何でもかんでも好き勝手していいわけでは…、って、僕が言っても説得力ないですけどねw

でも、好きな恰好をしたり好きなことをし続けていたいなら、人一倍立ち居振る舞いに気を付けなければならないように、髪色も矢張りセオリーを守ることで”人目を惹き付ける上品な色”にすることが出来ます。

不自然な色を自然に。

そのための知識と経験を重ね研鑽し続けているので、是非ご相談ください。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加