美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 【グラデか】グラデーションカラーの範囲について【オンブレか】

2018年4月4日

Hana

【グラデか】グラデーションカラーの範囲について【オンブレか】

 fuwat

世の中、あるようでないような、びっみょ~な線引きのものって多いですよね。

ライトノベルか否か、だとか、ロックなのかメタルなのかパンクなのか、男なのか女なのか…。

そういえば僕の知り合いの音楽関係者は、

「その人がバラードだと思えばその曲はバラードなんですよ。それでいいんです。」

と語っていました。

確かに、その通りだなって思います。

なので、よく「これは何色ですかね…?」聞かれたら、君は何色だと思うの?それならそれが正解だよって答えようかなと。

.

.

.

…そう、戯言遣い系カラリストここに爆誕です。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

まぁもう察しの言い方はお分かりの通り、西尾維新に毒された厨二病末期患者なだけで、実際はちゃんと言います。

たまに、揉め…、ってわけじゃないですけれど、表現の間違いを訂正することも間々あります。

一応これでも色のプロなので。

違ったら違う、そう言わなければならない時も有ったり無かったりなんです。

なるべく言葉には気を付けてるんですけどね。

.

.

.

顔がねぇ…。

.

.

.

閑話休題

.

.

.

まぁ、そんな僕の見た目が厳ついだとかそんな話はどうでもいいんですよ。

今日のお話は、

みんな大好きグラデーションカラーの範囲について

です。

.

.

.

先ずそもそも、グラデーションカラーとは。言わずもがな、

根元から毛先にかけて、徐々に明度or彩度、またはその両方が変化していくカラーのスタイル

のことを指します。

一応、基本としては明度・彩度は毛先に向けて上がっていきます。

それが、自然に見えるセオリーなので。

でも、もしかすると根元がホワイトから徐々に毛先に行くにつれグレー~ダークグレー~ブラック、とかも格好いいかもしれませんから。

あえてここは、”変化していく”と表現しておこうかと。

.

.

.

で、

.

.

.

今日の話は範囲の話なので話を戻して。

最近、グラデーションカラーにも色んなスタイルが出てきましたよね。

”オンブレ”とか、”ソンブレ”って聞いたことありますかね??

僕もぶっちゃけ、1年位前まで何となくしか知らなかったのですが、簡単に言うと

.

【オンブレ】

根本数センチががっつり暗く、そこから一気に明度or彩度が、またはその両方が上がる、高コントラストなグラデーションカラー。

所謂”プリン風”とかって言われるやつです。

.

【ソンブレ】

オンブレをもう少しソフトにしたもので、一般的なグラデーションよりは高コントラスト、オンブレよりは一般的なグラデーションに近いもの。

”ソフト+オンブレ=ソンブレ”だそうです。

.

.

.

まぁ、なんですか。

よくわかんないですよねwww

どこからがオンブレでどこまではソンブレで、どっからはそうではないのか。

本当、その表現の境界線は有るようで無い。

有ると思う人には有るし、無いと思う人には無い。

怪異のような、いや、ともすればヘアカラーというのは最早怪異の1つなのではないか…。

.

.

.

.

.

厨二乙

.

.

.

.

.

ちゃんとやります。すんません。

.

.

.

で、そんなオンブレとかソンブレとか、よくわかんないけどそれっぽいものを作ったよ!

.

.

.

へい!!!

.

.

.

元々グラデーションらしきベースがあったのでそれを活かしつつ、

根本はハイパー細かいハイライトやちょっと太めなハイライトをランダムに配置し、

根本は地毛と同じくらいの、中間にアッシュブラウン、毛先はアッシュみがかったブロンド

のグラデーションカラーです。

これくらいだと、ソンブレになるんですかね。

.

.

.

メニュー:ダブルプロセス+α(15000)

所要時間:3h

.

.

.

はい、ここまで書いてきましたが、

ぶっちゃけ、名前何てどうだっていいんですよ。

大切なのは”貴女がどう見られたいか”であり、それこそが本質で名前はその後に付いてくるものですから。

.

.

例えばオンブレであれば、めっちゃコントラストが強くなるので、個性的な印象だとか、ハッキリとした印象を作ることができるでしょうし、

一般的なグラデーションであればAラインが強調され、ロングの方であってもふんわりとした印象を作れます。

また、グラデーション以外の、例えばインナーカラーや、メッシュ、その他色々、其々に其々の性格があり作ることができる印象は違います。

色々なワードが交錯しますが、その言葉に惑わされず、”どんな印象を作りたいか・どう見られたいか”を何よりも先ずお教え頂けたらと思います。

それに合わせて、ああしたらいいこうしたらいいというご提案をさせていただきますので。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

※電話予約不可なのでお気を付けください。

友だち追加