美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 【俺の】黒染めやブラウンを使わない黒髪カラー【フェイクブラック】

2018年3月9日

Hana

【俺の】黒染めやブラウンを使わない黒髪カラー【フェイクブラック】

 fuwat

自分はこの仕事で何年生きていくのだろう、そんなことを考えたとき、少なくとも60くらいまではやっていたいな、なんて思うんですよ。

で、まぁ、今から約30年くらい先なわけで。

その30年間のうち、どれくらい僕は、と言うかいつが全盛期と言えるのだろう。

そんなことまで考えたり。

.

.

.

毎日が全盛期。

そういえるように常に上だけを…、いや、常に目の前だけを全力で見ていなければ。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

なんていう戯言はさておき。

や、本心なんだけどさ。

僕のやっている、僕の作る作品を、普遍的に求められるようなそんな世の中にしていきたいなって思うんだ。

.

.

.

で、

.

.

.

そんな僕の作るカラーの中でも、常に需要がありそうなアレ。

フェイクブラックのあれこれについて~。

.

.

.

.

.

.

ハイ!!!

.

.

.

比較的明るめなベージュからのフェイクブラック。

ビフォア撮り忘れたから、イメージ的にはこんな感じ…。

.

.

.

これくらいの明るさからだと、ダメージ度合いによっては黒染なしでもこれくらい黒っぽく見えてくれます。

.

.

.

でも、あくまで”フェイク”ブラックなので、真っ黒ではなくほんのりとアオムラサキを感じるクロです。

この子のように黒染めやブラウンを混ぜない場合、色落ちするとまたベージュ系になってくれて、ある程度明るめになってくれるので、1~2週間程度だけ黒髪でいたいだとか気分的に黒髪にしたいという方にオススメです。

.

.

.

で、じゃあ黒染めとかブラウンを使った場合は??

.

.

.

ほいっ。

.

.

.

こんな感じに、ちゃんと真っ黒になります。

「えっ、でも黒染とかブラウン使うとアカみが残るんじゃないの…?」

なんて思われる方もいるかもしれませんが、そこはほら、カラーだけに向き合っている僕ですから。

こういう風に…。

.

.

.

アカみが残る、と言うよりも、少しだけ赤みが加わることで綺麗なアッシュブラウンになってくれます。

ですから、黒染めや暗いブラウンを入れた場合の色落ちのイメージとしては

”アカみが残る”ではなく”アカみが入ることでブラウンになる”です。

.

.

.

黒染めやブラウンを使わなかった場合、ベージュ系で且つ元の明るさより少しだけ暗い所まで色落ちしていきます。

逆に、黒染めやブラウンを混ぜると、ブラウン系で元の明るさよりもかなり落ち着いた明るさで留まってくれます。

.

.

.

このコントロールが大切なんです。

普段僕は、大阪の兄弟と共に”黒染撲滅委員会”なんて、ひっそりと声高にささやいているんですけれど、僕が全力で阻止したいのは

セルフ・サロン問わず行う”安直な黒染め”

です。

勿論、メーカーさんだってそんな人様を困らせようだなんて思っていないわけで、アカみが強く残ってしまうのだってやむを得ない事なんです。

ですからそこは、僕ら美容師の技術や知識でカバーしていけば良いだけのこと。使い方次第なんです。

むしろ黒染めじゃなくたって、メリットデメリットを理解しないまま施術をすることは何にしても恐ろしい事です…。

.

.

.

で、

.

.

.

これくらいブラウンみが残ってくれていると…、

もう黒染めやブラウンを混ぜずに黒髪に見せることができます。

この子ように黒染めを混ぜるのは、しばらく黒髪でいたい&色落ちしても暗めのままでいたい…。

つまり、特に就活など少し長めの期間暗めな髪色でいなければならい方にお勧めです。

.

.

.

.

.

.

って言うのを踏まえた上で…。

.

.

.

前回石鯛カラーの色落ちです。

そもそものベースの明度、ベースの色を変えているのでかなりの高コントラストのまま残っています

.

.

.

―――で、今回はどうしましょう。

「えっと、フェイクブラックをやってみたいな~って思っています!」

―――なるなる。真っ黒?それともちょっとアオムラサキみがかった感じでもいい?

「真っ黒がいいです!」

―――おけおけ。色落ちした後はどうしたい??

「色落ちした後…?」

―――そそ。色落ちした後明るくしたいか今後は暗めで行きたいか、って感じで調合が変わってくるんだ。

「んーーー、どうだろう…。そこまで考えてなかった…。」

―――だよねw でも、その色にすることより色落ちした後どうしたいかが大事なんよ、カラー…、特にトーンダウンは。

「なるほど…。」

―――ま、悩んでいるなら明るめに色落ちしてくれるようにしようか。

「じゃあそれでw あ、あと、インナーをこの金髪のまま残したら変ですかね…?」

―――変ではないと思うよ~。けど、どうせならちょっと黄色み抑えたシルバーっぽい感じにしない?

「あ、じゃあそれひとつ下さいw」

―――ういっす~。

.

.

.

ってわけで、

.

.

.

へい!!!

.

.

.

メニュー:ダブルプロセスカラー(13000)

所要時間:2h

.

.

.

と、こんな感じに、一口にフェイクブラックといっても作り方は様々で、染めたてのクロ感も勿論、色落ちした後どうしていきたいかがとても大切になります。

それは他のカラーでも同じことですが、特にトーンダウンは慎重にしないと、次のカラーへの影響が大きいからです。

ですから、フェイクブラックやトーンダウンをご希望の方は

・どれくらいのクロ感にしたいか

・どれくらいの期間黒髪でいたいか(いる必要があるか)

・色落ちした後どうしていきたいか

の3つはお教えください。

それによって作り方は様々なので。

.

.

.

そんな僕の

染めたて~色落ちまで楽しめ、次につながるカラー。

フェイクブラックもほかのお色も、是非お任せください。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

友だち追加