美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > Hanaのカラーの特徴~○○に一番拘った、育てるヘアカラー~

2018年2月20日

Hana

Hanaのカラーの特徴~○○に一番拘った、育てるヘアカラー~

 fuwat

たまに、食いたくなるやつ~。

.

.

.

秋葉原ごっつ。

何と言うかこう、脂です。

ドロ系なので、ご飯によく合うおかずですね。

.

.

.

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

ラーメンはおかずです。

誰が何と言おうと、おかずです。

って、言っていられるのも若いうちでしょう…。

何ならもう最近、ご飯入らなかったらどうしよう…、と思って追加注文するようになってきてしまったので、タイムリミットはすぐそこなのでしょうね…。オーコワイコワイ。

.

.

.

かんわきゅーだいっ

.

.

.

技術の発展ってすごいですよね。

数年前に出たイルミナだったりスロウだったりアディクシーだったり。

スペックがどんどん上がってますから、特別ヘアカラーに特化した人でなくても、特にアッシュ系の赤みを抑えたお色を簡単に作れるようになってきました。

本当、誰がやっても大体同じような艶感だったり色味だったり。

.

.

.

…でも、ヘアカラーは誰がやっても同じなのか。

.

.

.

勿論、そんなわけないんですよね。

.

・メラニンの量や系統、コンディションなどの素材の違い。

・色の組み合わせや2剤と呼ばれるものの%などの調合。

・そして何より、その人それぞれの色の見え方の違い。

.

特に最後の一つは皆さんが思っている以上に、結構な違いがあります。

それは何も、色弱だとかそういう話ではなく。普通に当たり前に、人によって色の見え方は違います。

.

.

.

ですから、その施術者一人一人によって、作られる色は本来違うはずなんですよ。

それはほんの微細な差かもしれません。

ですが、そのちょっとの差がとっても大事なんです。

それ即ち美容師一人一人の個性なわけで、それが在るからこそ、「この人にカラーをしてもらいたい」と思っていただけるわけで。

.

.

ですから、なんならfuwatのスタッフの中ででも、その違いはあります。

特に最近、僕をご指名してくださる方以外でも、ブリーチのオーダーが増えておりますが、あえて明言させていただきますが、

いつもブログでご紹介している僕のカラーは、僕にしか作れません。

これは別に、天狗になっていっているわけでも、仲間のことをdisっているわけでもなんでもなく、純粋な事実として、です。

逆に僕は、提督や武さんやさやちゃんの作る色を作れません。

”似たような感じ”にはできるでしょうけれど、ね。

同じお店で働いていたってそれですから。違うお店の見ず知らずの方の作ったカラーなんてさらに不可能です。

.

.

それくらい、カラーは人によって違います。

それくらい、美容師は十人十色なのです。

だからこそ、皆さんには美容師一人一人の個性を見て、選んでいただきたいと思っています。

選んで頂く為に、こうして日々発信をしているので。

.

.

.

で、

.

.

.

「じゃあお前のカラーの特徴は何なんだ。」

という話で。

やっとこさタイトル回収。

.

.

.

~Hanaカラーの一番の特徴~

.

.

.

それは、こうしたスーパーハイトーンや鮮やかな色味だったり…、

.

.

.

.

.

.

こういう、何色入っているかわからないようなイロトリドリ…、

.

.

.

.

.

.

ではなく。

ダメージを極力抑えていることや、地毛から2回のブリーチでメラニン殲滅をするとか、セルフカラーや履歴によって生まれたムラを修正・活用するスタイルだとか…。

.

.

.

でもなく。

いやまぁ、勿論そういったことにも拘っていますし、得意とすることではありますけれど。

.

.

.

僕のカラーの、僕がカラーで一番拘り、得意としていること、それは…。

.

.

.

.

.

.

「Hanaさんお久しぶりでっすー!」

―――おひさ!

「前回のカラーの色落ちがめっちゃ綺麗なので、今回はそれを活かしたカラーをしてほしいです!」

―――あざま!りょかいっすー!!

.

.

.

ってわけで。

僕のカラーの一番の特徴にして、僕がカラーで一番拘っているところ。

それは、

染めたて~色落ち過程~完全褪色まで、綺麗で楽しめるカラー

です。

.

.

なので僕は、ご希望のお色にするためのブリーチをするのではなく、その人にとって綺麗と思えるお色に色落ちさせるためのブリーチをしています。

そして、その方のご来店される周期に合わせて、色を作ります。

すると、いつも美容室に行く周期よりも長く楽しめたり、今回のように”色落ちした色を活かして髪色を育てていく”ことができるわけです。

.

.

.

そうしてできたのがこちら…。

.

.

.

へい!!!

.

.

.

メニュー:シングルプロセスカラー(10000)

所要時間:1.5h

.

.

.

今回はムラサキに寄せて作らせていただきました。

作り方としては、根本と毛先にしっかりと濃いめに色を乗せて、中間部分は色落ちの色が生きるように、そんな作りです。

.

.

.

よく、「個性的な髪色にしたい!」だとか、「他人と被らない髪色にしたい!」と仰る方がいますけれど、正直言って、色だけで作ることは不可能です。

だって、大体どのお色も、誰かと被りますから。

だからこそ僕は、イロトリドリとその入れ方によるスタイルで、より個性を作りたいと思いますし、こうして色落ちを活かしたカラーを重ねていくことで、その個性をより育てていくのです。

そもそも、個性と呼ばれるものって、一朝一夕に作れるものではないですよね。

性格行動その他諸々、その人を形成する要素は、長い年月をかけて作られる。

髪色も、それと同じだと僕は思っています。

.

.

.

そんな僕のカラー。是非。

#カラーさせてください可愛くします です。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

友だち追加