美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 【色持ち最強】”濃く”ではなく”深く”入れる、色持ち重視のHanaカラー【3ヶ月】

2018年2月4日

Hana

【色持ち最強】”濃く”ではなく”深く”入れる、色持ち重視のHanaカラー【3ヶ月】

 fuwat

色々と、やりました。

.

とか、ニコニコニュースさんで…。

.

.

喜びのあまり目から脳汁が垂れました。

あまり目立つようなことは苦手な僕ですが、こうして期待や信頼を頂けることは本当に嬉しいことです。

もっともっと、精進せねば…。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

例の漆塗りカラー、3ヶ月後の実際の状態〜。

.

.

.

.

.

.

すげぇ、まだほんのりムラサキ残っている…。

これが、例えば赤み寄りなムラサキで、ピンク系に褪色しているのであれば、それは確かに分かります。

ですが、この子の場合は、

こんな感じの某機動隊の素子をイメージした”アオ系の”ムラサキで、ムラサキ系の中でも比較的色落ちの早い部類のはずなのですけれど、それがこんなに持ってくれていたなんて、我ながらよくできたと思います。

.

.

.

で、

.

.

.

はい、最高のブログネタあざまー。今回どうすんの?あのアオ?

「うん!あのアオで…、でも前回みたいに色持ちも良くしてほしいなーって。」

へいへい。となるとある程度濃くなるから、あの写真のような淡いパステルブルーみたいなのは褪色の過程でって感じになるけど良きよね?

「もち!よろしくおなしゃー!」

うぇーーーい。

.

.

.

ってなわけで、今回も今回とて、

色持ち最重視の、漆塗りカラー。

.

.

.

  • ①ベース作り。

先ず、根本的な原理の1つとして、

日本人の髪の毛のメラニンら減る従って、

赤茶〜オレンジ〜イエロー〜クリーム

と、明るくなっていきます。

一応注意していただきたいのは、ブリーチだけではホワイトにはならない、ということ。

日本人のメラニンは赤と黄色がメインとなっていて、黄色のメラニンは割と最後の方まで残ります。

そして、その残り方次第で色落ちの仕方が変わってきます。

.

.

例えば

これくらいガッツリ黄色味が残っているところからでも大抵のお色にすることができます。

が、例えば寒色系にした場合はベージュ系に、暖色系にした場合はブラウンになります。

.

.

.

こんな感じで。

.

.

ヘアカラーというのは色付きセロファンなんかと同じような原理で、髪の毛の色の上に被さっているだけなので、色落ちしてその染料の量が少なくなると、ベースとなる髪の毛の色が透け、ベースの色と被さっている色が混ざった形で目に映ります。

ですから、ベースの明るさが不十分だと、最後まで染めた色がそのまま薄まっていくような色落ちをしてくれません。

色落ちのK点を超えると、茶系になってきます。

.

.

ちなみに、暖色系の方がメラニンの色との親和性が高いから”色が持ってるように”見えてくれます

兎にも角にも、以上の理由から、染めたての色がそのまま薄まっていくような色落ちをさせたいのであれば、ベースとなる髪の毛の色をホワイト領域まで持っていく必要があるわけです。

.

.

.

と、

.

.

.

同時にダメージ度合いもなるべく最小限に抑えます。

.

.

というのも、ブリーチを雑にすると、髪の毛の表面を覆うキューティクルがどんどん剥がれやすくなってしまいます。

キューティクルが剥がれれば剥がれただけ、中身がむき出しになるわけですから、乗せた染料の流出も多くなります。

.

そしてそれは、ブリーチのパワーがどうとか、最近はやりの〇〇プレックスとかの処理剤がどうとかというよりも、どちらかというと塗布方法に依存していてます。

.

よく、他所でだったりセルフでブリーチをされた経験のある方の多くは、

「ブリーチしててこんなに沁みないの、初めてです!」

なんて言ってくれますが、それとはまた別で、それはどちらかというと頭皮環境に対するテクニックで、それに加えて更に、髪の毛のダメージも極力抑える

頭皮と髪の毛、両方に優しい塗布テクニック

に拘っています。

そうすれば、キューティクルへのダメージが多少なりとも抑えられるので、自ずと色持ちも良くなってくれるわけで。

…第一そもそも根本的に何よりも、ブリーチなんていう最高に髪の毛や頭皮に負担になるような薬剤を当たり前のように使用することが生業な訳ですし、頭皮にも髪の毛にもなるべく負担を与えないだなんて当たり前も当たり前過ぎて態々話すほどではないと思うのだけれど一応、ね。

.

.

.

で、

.

.

.

途中経過は安定の撮り忘れしたので、

.

.

.

  • ②乗せる色について。

.

.

.

今回のように“色持ち最重視”の場合、最初に書いたように“漆塗りカラー”という方法を取ります。

ちなみに、僕が勝手に漆塗りカラーって呼んでる…、というか僕自身の髪色をお任せしている親愛なるナカム・ラ・ダイスケ氏がそう言ってたのを真似してるだけで、ちゃんとした美容用語ヘアカラー用語で言うところのプライミングってやつです。

横文字カックイー、んだけど、僕そんな格好つけた言い方できないから、あいも変わらず漆塗りなんて呼んでます。

.

.

.

で、これをすると何がいいかというと、

.

.

.

.

.

.

色が持ちます。

.

.

.

.

.

や、本当にこれに尽きるんですよ。

マイラブリー追っかけ立直エンジェルのとこの監督のトシさんよろしく、

マジよマジ。大マジよお。

って感じです。

.

.

というのも、ヘアカラー剤にはいくつか種類があり、大まかに“比較的内側に入るもの”と”比較的表面に吸着するもの”があります。

で、漆塗り…、もといプライミングの場合は内側を染めて、ベースを整えてから表面にも色を乗せるという重ね塗りをしていくことになります。

そして、一度染めた髪に上から色を乗せると、浸透圧によって”最初に入れた色素が更に奥に入る”という現象が起きてくれます。

ヘアカラーはシャンプーをすることでどんどん落ちていきますが、落ちるはずの色素がより内部にあれば、当然色持ちは良くなりますよね。

.

.

.

で、

.

.

.

グダグダ蘊蓄垂れ流しましたけれど、本題の仕上がりがこちら…、

.

.

.

へい!!!

.

.

.

.

.

.

鮮やかだけれど、”深い”アオ。

思ったよりも、暗くはないのではないでしょうか??

根元やインナーは結構濃いめ…、というかそもそもベースの色をほんのり変えているのですが、中間から毛先は、本当のご希望としてはなるべく明るめだったので、ある程度明るさを残したヴィヴィッドな青になるように作りました。

.

.

.

.

.

.

うん、深い。

そんなことよりうちの照明、黄色すぎわろ。

もうちょっとちゃんと微妙な色相差が伝わる照明に変えて…、えっ、あっ、お店の雰囲気ね、うん、そうだよね…。

.

.

.

メニュー:Hanaカラー+α(25000)

所要時間:7h

.

.

.

とまぁ、今回は割と真面目に、ヘアカラーやブリーチの原理原則についてお話しさせていただきました。

原理原則なので、これが覆ることは技術革新でも起こらない限り無いでしょう。

そう、某探偵さんの如く、いつだって真実は1つなのですわ。

ですから、色持ちを最重視するのであれば、どうしたって選べるお色の範囲は狭くなります。

しかし、パステル系のようなお色も、褪色の過程で楽しむことができるのがこの漆塗りカラー。

.

染めたてのお色がそのまま綺麗に薄まっていくと、この子も良く言われたそうですが、

「あれー?また染めたー?なんてしょっちゅう言われましたw」

というくらい綺麗なお色が続いてくれます

染めたてから色落ちまで、ずっと綺麗なお色だと、なんなら染めるのが勿体無くなりますよねw

それでいいんです。

…それが、いいんです。

だって、僕の一番の利益は、僕のカラーを最初から最後まで気に入っていただけることだから。

その為に必要ベース作りのテクニック、乗せる色のテクニック、そして必要なホームケアの話など、常により良い方法や知識を探し実践しています。

.

また、同時に大切なのが、髪の毛の状態をしっかりと管理させて頂けること

特に、いろんな美容室を転々とされたいたり、セルフカラーを重ねていた子達は、酷い時は美容室に行っていたとしてたムラムラに、またダメージ度合いも中々ハードな状態で来られることが多いです。

綺麗な髪色にするために立ちはだかるのは、この2つが殆ど全てです。

裏を返せば、この2つさえクリアできれば誰でも綺麗な髪色になることができるということ。

.

ダメージ度合いに関しては、髪の毛は一度ダメージを受けると二度と修復はされませんから、長いスパンがかかることが多いですが、ちゃんと管理させていただければ必ず綺麗な状態にすることができます。

ムラに関してはダメージ度合いにもよりますが、むしろムラを活かして綺麗な状態にすることは一番好きなことと胸を張って言えるくらい、たくさん経験させてもらってます。

.

ですから、綺麗な髪色にする為にご協力いただきたいのは、

ちゃんと、通っていただくこと。

の唯1つです。

その信頼に応える為、常に知識を蓄え練習や実践を通し検証を行っています。

なので、是非、ご相談いただけたらと思います。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

友だち追加