美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 【人生で】デジパしてたけどホワイトにしたい!【最初で最後】

2018年2月3日

Hana

【人生で】デジパしてたけどホワイトにしたい!【最初で最後】

 fuwat

今まで生きてきて…、といっても大した年数は生きていないのだけれども、最初で最後だったことがどれだけあっただろうかと思い返してみたものの、存外大抵のことは続いていて、一度きりしか行わなかったものというものが無いあたり、自分は割りかし長続きする方なのであろうかと思う。

裏を返せば固執しやすい質であるとも言えるわけだから、だからこそ、一度作った作品の多くはなるべく否定するようにしているのかなと。

.

.

.

知らんけど。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

「初めましてHanaさん!訳あって人生で最初で最後の派手髪になるのですが、施術して頂けないでしょうか??」

ほう。まぁ、〜斯く斯く然々〜なリスクを理解した上で、ってことなら。

「勿論です!」

はーい。

.

.

.

ってわけでご来店。

.

.

.

.

.

.

人生最初で最後とは。

「実はですね、塾講のバイトをしておりました、そこでは確実に黒乃至は暗い地毛くらいの色でなければいけなくて…。この度1ヶ月間程留学することになって、その期間だけは好きなことを好きにしよう!と思いまして…。」

なるほど。いいね、そういう刹那的なの。大好きだよ。

ただ、その後黒染めをしてしまうと、わかってはいると思うけれど向こう数年は確実にまともなカラーはできなくなる。

貴方の年なら、まだ成人式もあるでしょう?であれば、もしかしたらまたその時に好きな色にしたいっていう気持ちも湧くかもしれないから、それも含めて、フェイクブラックっていう方法もあるっていうのだけは覚えておいてね。

「はい!ありがとうございます!」

.

.

で、だ。まっさら純白リアルホワイツにしたい、と。

「ですです!」

多分ね、ここからここまではいける。

ただ恐らく、ここから先の“デジタルパーマをかけていた部分”は、もしかするとホワイト領域まで持っていけない可能性があるんだ。

というのも、デジタルパーマの場合熱を加えるじゃない?

そうするとね、その温度によっては”熱変性”だとか”タンパク変性”って呼ばれる現象を引き起こす場合があるのよ。

イメージとしては生卵を茹でたらふるぼっk…、間違えた、硬くなる、みたいな。

そうするとね、ブリーチだとかカラーをした時の抜けが悪くなるのよ。

「な、なるほど…。」

もし、そうであった場合はホワイト領域まで持っていけず、根元より毛先の方が暗いなんていう状態になってしまうと思う。白からシルバー、みたいなね。

もしそうであった場合の選択肢としては

・そもそも全体をシルバーにする

・ホワイトから、毛先に色を入れる

のどちらかがオススメかな。

“無理をしてでもホワイトにする”という選択肢は僕には無いから、それを望むのであれば他所へ行ってもらうことになるけれど。

「んーーー、だったら、実はピンクもいいなーって思っていたので、ホワイトから毛先をピンクにしたいです!」

おけ、そうしよう。

どんなピンク?

「いろんなピンクがいいです!」

ほう。ピンク縛り?

「ですです!なんと言うか、こう、暖かい色味がすきなので、そんな感じにしてほしいです!」

おけ把握。

「いつもInstagram見てて、いろんな色が入ってるのいいなーって思っていたので!めちゃくちゃ楽しみにしてます!w」

うぇ、あざまー。

.

.

.

ってわけで、毛先の状態を、乾いている時と濡れている時両方で見てみると、ダメージ度合い的にはまだまだ大丈夫そうなので、1発目は全力全開フルパワーブリーチ。

.

.

.

.

.

.

根元の方はボチボチ。

けれど、先に塗り始めた筈の毛先は…。

.

.

.

.

.

.

まあ、こうなるよね。

ダメージ度合いから察するに、そこまでめちゃくちゃ強い薬剤や高い温度でされたわけでは無いだろうけれど、矢張り縮毛矯正と同じように明るくなりづらくなってしまうんだよなぁ。

.

.

.

で、2round目。

ホワイト領域まで確実に持っていける範囲はフルパワーで、中間から毛先の上がりにくい部分はさっさと諦め、ダメージ度合いを優先してパワーダウンさせたブリーチで。

.

.

.

で、

.

.

.

ここから先の途中経過を撮り忘れていたクズによるホワイト×グラデーションイロトリドリがこちら…、

.

.

.

へい!!!

.

.

.

.

.

.

そう、斜めにバッサリ!

ホワイトも、純白ではなく少し温かみを持たせた生成りのようなホワイトで、中間あたりにあわーーーいピンクをチラホラと織り交ぜ、毛先はピンク・オレンジ・レッドと、ベースとなるピンクで。

.

.

.

.

.

.

淡いピンク〜鮮やかなピンク、コーラル〜レッドまで、いろんなピンクが混ざり合っていい感じ。

また、このように色のある範囲を斜めに取ると…

.

.

.

.

.

.

こんな感じに、左右どちらかに纏めて前に下ろした時に、また違った表情を見せてくれるのです。

ちなみに、人間の顔って左右で微妙に違うんですよね。

左狸の右狐。

柔らかな表情に見えやすい左側が露わになるときはピンクが多めに。

逆に、クールな表情に見えやすい右側を出すときはピンクは少なめに。

左右の印象をより高めるための、左下がりな斜めです。

これが仮に寒色で作っていた場合は、逆の方がいいかもしれませんね。

勿論、打ち消しあうなら同じような作り方でもいいでしょうけれど。

.

.

.

メニュー:Hanaカラー+α(25000)

所要時間:7h

.

.

.

人生最初で最後の派手髪。

それも、海外留学のためのヘアカラーを任せていただけるだなんて、そんな嬉しいことはありません。

ですから、どうせならトコトン。

向こうで「日本のカラリストやべぇwww」と思わせられるくらいに。

また、当然のことながら留学から帰ってきたその後も、この子の人生は続くわけですから、ケアの仕方や海外での注意点、そしてさらにその後の、成人式なども見据えたお話もさせていただきました。

だって、この子のためとかそんなのは勿論のこと、なにより僕が、この子にもっと自由にヘアカラーを楽しんでもらいたいから。

その為の勉強や練習をいつもしていますし、普段は適当なことしか話してないですけれど、ことカラーの話となると、真剣に話します。

真剣に、必死にカラーのことは髪の毛のことはお伝えするので、どうか少しでも頭の片隅に留めておいて頂けたらと思います

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

友だち追加