美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 【ブリーチの】ハイダメージ&沈色…。「どこに行ってもできないと言われました」【限界値】

2018年1月22日

Hana

【ブリーチの】ハイダメージ&沈色…。「どこに行ってもできないと言われました」【限界値】

 fuwat

”ブリーチ前提のカラーしかしない”などと無茶苦茶なことを宣っている僕ですが、無茶なことはしません。

無駄なことも、しません。

無茶なことは無駄なことだから。

綺麗な髪色でも綺麗な髪の毛でなければ意味がない、これが僕の大原則なので。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

.

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、徹底したカウンセリングと様々な派手髪スタイルで、貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます

.

初めましての方は僕がカラーで大切にしていることを必ずご覧ください。

.

.

.

Insragramこちら

.

.

.

Twitterこちら

.

.

.

旧ブログHana個人HPこちら

.

.

.

閑話休題

.

.

.

ところで、髪の毛のダメージが蓄積するとどうなるかご存知でしょうか??

.

.

.

「切れる!溶ける!」

そこまでいったらもう髪の毛じゃないよ。髪の毛であった何かだよ。

.

.

「パサつく!広がる!」

あー、ね。それもあるよね~。でも、それはある程度の段階までであれば普段の扱い次第でどうにかなるんだ。

.

.

「ごわつく!ガサガサ!」

アイロンの温度高すぎないか?それは大体、熱変性やで。あとブリーチの時の加温ダメ絶対やな。じっくりことこと焦らずや。

.

.

「絡まる!引っかかる!」

最近それ対策で新しいことに挑戦してるやで。あと、濡らしたらちゃんと乾かしや。キューティクルガバガバになるやで。

.

.

.

とまぁ、よくある、わかりやすいダメージによる影響はさておき。

実はこれら以外に、ヘアカラーをする上で絶対に避けなければならないダメージによる現象があります。

.

.

.

そ れ は

.

.

.

「Hanaさんあけおめです!カラーしてください!」

ほいさっさー。こんかいどうします~

「根元の方はかなり暗めのグレージュで、毛先はシルバーにしたいです!」

お、おう…。頑張る。

「よろしくお願いしますー!」

.

.

.

ってわけでご来店~。

.

.

.

.

.

.

お分かりいただけたであろうか…。

.

.

.

そう、

.

.

.

この子の髪の毛よく見ると…、

.

.

.

.

.

.

黒丸で囲った毛先の部分、根本~中間部分よりも暗くなっているんですよね。

これですね、髪の毛のダメージがある一定のラインを超えると起きてしまう”沈色”という現象です。

って、ふと思ってこの沈色ってワードググったら、僕なんかのブログが1ページ目に上がるくらい使われないワードだったんですね。普通に使ってたから当たり前なワードだと思ってた…。

.

.

.

それに加えて、髪の毛自体は細いものの、量は多く、そのためかかなりのムラもありました…。

.

.

.

で、

.

.

.

前回はそのムラを修正しつつ、この毛先を活かしたグラデーションにしておりましたが、今回はグレージュからシルバーにしたいとのこと…。

つまり、毛先にもある程度色を乗せなければならないとのこと…。

.

.

.

ってわけですから、今回はそれ対策の毛先に色が入りすぎないような前処理をしてカラー剤を塗っていきま…、

.

.

.

した。

.

.

.

へい!!!

.

.

.

.

.

.

如何でしょう、ブリーチは一切せず、

ちゃんと根本は暗く、中間から毛先に向かって明るくなるグラデーションになってくれております。

今回はダメージ度合いも考慮し、ブリーチはせず、色味の入れ方だけでグラデーションで且つシルバーに見えるように作っております。

.

.

確かに、ブリーチを、メラニンを殲滅するためではなく残留色素を取り除くためのブリーチをしてあげれば、比較的容易に作ることができます。

ですが、色素を取り除くだけであっても少なからずダメージはします。

この状態から、そのためのブリーチであっても行ってしまうと、枕に書いたように綺麗な髪の毛ではいられなくなってしまいます。

ですから今回は、カラー剤だけで作れる範囲で、シルバーに見えるように作りました。

.

.

.

メニュー:シングルプロセスカラー(10000)

所要時間:1.5h

.

.

.

とまぁ、今回はケースがケースだけにカラー剤のみで作っておりますが、このように”できるという判断ができる”のも通っていただいているからこそです。

正直、初回から状態を完全に把握しきることは難しいです。

それに加え、好みやなんかを知ることも、一回のご来店でお話しするだけでは知り尽くすことは難しいです。

ですから、お医者さんに掛かるのと同じように、なるべく同じ美容院に通い、同じ美容師さんに担当してもらうことが、綺麗な髪の毛や髪色を得るための第一条件だと僕は思います。

通っていただけるのであれば、どんな状態からでも、どんなに時間がかかろうと、絶対に綺麗にします。

.

.

.

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。

友だち追加