美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 【良い酒は】カラリストのカラーって何が違うの??→ここが違う【朝が知っている】

2017年11月28日

Hana

【良い酒は】カラリストのカラーって何が違うの??→ここが違う【朝が知っている】

 fuwat

明日は待ちに待ったあの日。ドキがムネムネです。ところで世間一般では今の時期ボーナス?とかいうナスが旬を迎えるらしいですね。僕らも食べてみたいものです。

Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

【髪色に自由を】を胸にブリーチを専門とするカラリストです。【華があって品のある髪色】を派手髪の定義とし、様々な派手髪スタイルで貴女の魅力をより引き出し”なりたい”を叶えます。

 

 

ナスといえばあれも紫陽花と同じ土壌のpHで色合いが変わるんですよね。初めて知った時は驚きました。アントシアニンスゲェ

そんなナスになりたいと言ってたこの子は…

 

 

 

 

 

 

アルカリ土壌のナス。

 

かーーーらーーーのーーー

 

Hanaカラー

 

 

 

ってな感じで、こんなわけのわからんイロトリドリで現代日本の髪色事情に中指突き立てるスタンスの僕ではありますが、なにもこういったデザインカラーができることが、カラー専門美容師のカラリストの裏付けでも、ブリーチ専門の派手髪師であることの理由でもありません。

 

 

もっと言えば、ご希望のお色を作ることができることも、違います。

何を以ってカラーが得意というのか、何を以ってカラーを専門としているからこその色と言えるのか…

 

 

 

それは…

 

 

 

カットもそうですが、カラーも同じく、

得意か苦手か、上手いか下手かがはっきりと別れるのは、次にご来店された時。

 

この子の前回のカラーはちょうど二か月前。大半の色が、かなり色落ちしたころと言えます。

しかし、この子の場合根本は比較的しっかりと残ってくれていて、毛先はかなり淡めなピンクのグラデーション風に残ってくれています。もうちょっといい写真なかったのかなぁ俺…。

確かに、青や紫のようなお色よりも、赤系の色素のほうが残りやすいことは事実あります。また、何を以て綺麗な色汚い色とするかは人それぞれでしょう。

この子の場合は、ブラウンみが残ってオレンジっぽくなるのはあまりお好きではないということで、そうならないようなベースつくりをしておりました。

同時に、彼女がおうちでもしっかりとケアをしてくれていたことも理由の一つです。

 

 

で、

 

 

 

これの・・・

 

 

 

 

こう。

ブリーチなどの色を落とす工程は一切せずピンクみがしっかりと残っていたのを活かした濃いめ~薄めのムラサキに、塗らない所を作ったりアオムラサキも織り交ぜたり。

色々遊ばせてもらっています。

 

 

勿論、カラリストでなくても、カラーが得意な方なら当たり前のことでしょう。

ですが、毎日毎日常にいつでも暇さえあれば暇がなくても、カラーのことを作り方をデザインを、考えに考えて考えまくって、毛束が友達ウィッグ(生首のほう)が友達ってくらい検証を繰り返しているからこそ、どうしたらそうなるかを把握しコントロールすることができるのです。

割と真剣に、休みの日に何をしたいか聞かれて即レスで「カラーしたい…」って答えるくらいにはカラーが大好きなんですwww

 

そんなカラリストならでは、ブリーチ専門の派手髪師ならではのデザインや色彩、そして何よりも、染めたてから色落ちまでも楽しめるカラー。是非ご相談いただけたらと思います。

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。 

友だち追加