美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > Hana式ナチュラルカラーはこう!

2017年11月3日

Hana

Hana式ナチュラルカラーはこう!

 fuwat

どうも、ブラウンもブリーチして作る人、派手髪師Hanaです。
Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

 
ところで美味しい家系が食べたいです。
個人的には地元のまる源か杉田家が好きです。きたくり家よりもまる源、吉村家よりも杉田家です。あくまで個人の趣味ですので悪しからず。

 

 

閑話休題

 

 

ナチュラルカラーって、なんでしょうね。

一般的にはきっと…

こういうはっきりとした色味ではない、所謂”茶髪“をナチュラル系と言うのでしょうか。
もしくは最近であればこういった赤味を抑えたベージュ系やグレー系なんかも、”外国人風“という枕とともにナチュラル系カラーに分類されるのでしょうか。

しかし、果たしてそれらは本当にナチュラル…、つまり”自然”なのでしょうか??

 

例えばこちらの画像。

 

クジャクの雌です。別に茶色い生き物なら何でもよかったんですけど…。

この子、一色の茶色でしょうか??

まっ茶っ茶に塗り潰されているでしょうか??

 

そんなこと、ないですよね?

明るい茶もあればほぼ黒のような部分もあり、規則正しく不規則に並んでいます。そう、言うならばムラッムラなんです。

でも、だからこそ、自然に感じる。

 

木の木目なんかもそうですよね。あれが一色で塗り潰してしまっていたら、とても人工的な感じがすると思います。

※左もペイントソフトで描いたもの。

 

そんなわけで僕の作るナチュラルカラーがこちら。

ピンク系のナチュラルブラウンです。

脱量産型をしたくて来てくれたこの子は今日が二回目のご来店。

前回は毛先を中心としたアプローチをさせていただき、今回はその色落ちした感じを見てさらにハイライトを足しました。

なので、近くで見ると…

こんな感じに

・ベースのブラウン

・少し明るいブラウン

・かなり明るめのブラウン

の三つが点在しています。

それによって、立体感や色の深みが生まれることはもちろん、単色で塗り潰したことでは作れない”さも最初からそうであった感”で、よりナチュラルな感じになってくれるのです。

さらにここからローライトを混ぜてあげたり、毛先をしっかりと明るくすることでグラデーションにしたりして、より色の深みを増したり立体的にしていくこともできます。

 

一つの色に染め上げる。

それはそれで技術を要するものですし、単色だからこそ得られる効果も勿論あります。

しかし、より自然な状態とは?と考えてみると、”調和のとれたムラのある髪色”こそそうであると、僕は思います。

そんな僕の作るナチュラルカラーは、ハイライトありきのスタイルになりますが、そのハイライト自体はかなりダメージを抑えたもので行うことがほとんどなので、是非ご相談ください。

 

ご予約お待ちしております。

 

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。