美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > 最も単純で最も難易度が高い、ヘアカラー界のワンレングス

2017年11月1日

Hana

最も単純で最も難易度が高い、ヘアカラー界のワンレングス

 fuwat

ハイブリーチの奇人
色彩感覚のやばいやつ
サブカルヤクザetc…

好き勝手言われてます。
どうも、メラニンスレイヤーHanaです。

 Hanaってどんな人?と思ったらこちらをご覧ください。

 

特技と言うよりもむしろ通常運転的に、メラニン色素を殲滅します。

得意不得意とか、そういうものと言うよりかは、呼吸をするかの如く云々みたいな、そんな感じです。

 

てなわけで本日のお客様。

 

 

ホワイトです。
リアルホワイツ…、といっても良いのかな。
純白に限りなく近い白です。

ホワイトって、派手髪勢にとっては永遠の憧れ的な部分があると思います。
なんの色味も持たない圧倒的な透明感のホワイトヘアって、もうそれだけで神秘的ですからね。

でも、「ホワイトにするにはブリーチを何回もしなくちゃいけないから、頭皮も髪の毛もボロボロになる…」なんて、間違ったイメージを持たれている方も少なくないと思います。

 

ですが、ある一定の条件さえ満たしていれば、ホワイトはブリーチ2回で作れます。
たしかに普通のカラーに比べれば圧倒的にダメージはします。ですが、ブリーチ2回で済むわけですからご想像されているほどのダメージを負うことは少ないです。
むしろ、3回も4回も無駄にブリーチを重ねる方がダメージを負ってしまいます。
焦らず急がずじっくりと、じわじわじわじわとメラニンを殲滅していく根気さえあれば、ブリーチ2回でも十分ホワイトにできるラインまで持っていけるのです。

しかしながら、上にも書いた通り
ブリーチ2回でホワイトにできるのは、ある一定の条件を満たしていること
が前提となります。

 

1つは、余計な色素が入っていないこと
黒染めは当然のことながら、地毛くらいのブラウンだったり、暗くなくてもブラウン系は物によっては…、また色味でいうなら赤系のお色。
この辺りの色素がカラーによって入っていると、難易度が上がってきます。
多くの方が誤解されているのですが、実はメラニン色素よりもカラー剤で入れた色素の方が頑固に残るんです。
逆に、アッシュ系なんかは割と素直に落ちてくれることが多いですね。

 

2つめは、髪の毛にしっかりと体力が残っていること。
つまりはダメージ度合い的に、ブリーチ2回に耐えられる状態か否かということです。
そもそもポーラス状態(とろろ昆布のようにテロテロになっている状態)になってしまっていては、ブリーチ2回どころか何か薬剤を付けることすら怖いです。
そして、髪の毛は死滅細胞の集まりなので何をどうしたところで、一度受けたダメージが修復されることは一切ありません。
ブリーチにしても何にしてもそうですが、薬剤を使う施術は必ずダメージを伴いますから、それに耐えられるように髪の毛の体力を残しておくことが大切です。
そのために僕らは薬剤のコントロールを必死でしますし、お家でのケアの大切さを訴えるわけです。

その他、細々とした条件を挙げるとキリがなくなるので、端的に言うと、
余計なことをしていなければいないほど、ホワイトにすることは容易になります。

 

最も単純で最も難易度の高い、ヘアカラー界のワンレングス、リアルホワイツ。
その圧倒的透明感は見るものを魅了し、他のお色とは全く違う神秘的な雰囲気を醸し出してくれます。

全体をするのも勿論オススメですし、インナーだったりポイントで入れてあげるとぐっと可愛くなるので、是非挑戦してみてください。

 

ご予約お待ちしております。

Hana指名のご予約はこちらのLINE@からお願いいたします。