美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > カラリストってなんぞ??なんでカラー専門なの??

2017年10月31日

Hana

カラリストってなんぞ??なんでカラー専門なの??

 fuwat

皆さんは”カラリスト”という言葉をご存知でしょうか?

カラリストとは、一言で言うと…
カラー専門の美容師

というものです。

えっ?そんなのいるの??
と思われる方もいるかもしれません。

確かに現在日本の美容業界には、”カットパーマカラー全てを出来るスタイリスト“と”見習い的立場のアシスタント“という2つの立場が当たり前となっています。
ですが、海外だとカラリストという職業が確立されており、カラーのみをする美容師というのは珍しくありません。

 

  • 【カラリストとスタイリスト、根本的な違い】

先ず何よりも、薬剤知識とかデザイン云々よりも一番の違いを説明させてください。それは、
カットは右脳で
カラーは左脳でするもの

ということです。

………は??唐突に何言ってんだこいつ…。

と思う方もいるかもしれませんが、これは覆しようのない事実なのです。

 

何故ならば、カットとはです。つまり”目に見えるものとの戦い“がメインなわけです。
勿論カットにも理論となるものはあります。
しかし、それを踏まえて、自分の目で見てそれが丸いのか四角いのか三角なのか、重いのか軽いのか、ウェイトライン(バランスの重心)はどこにあるのか…、というのを自身の感覚でもって作り上げていきます。

 

しかし、カラーは色…、つまり数字です。
色を数値化した図とかって、なんとなく見たことあると思いますが、色ってのは三原色をベースとして、そのバランスで作られるので、色は数字であると言っても過言ではありません。
しかし、目で見てその数字がわかるような人はいませんよね。いるとしたら、スカウターでも装備してるのかな?
つまり、”目で捉えきれないものとの戦い“という側面が強いです。
さらに、ただ色というだけでなく、”髪色”となるとさらに多くの要素が絡み合ってきます。
元々のメラニンの色と量、前回までにしたカラーによって残留する色素、そこにさらにダメージレベルなどなど…
これらを経験と計算の上作り上げていきます。

 

つまり、
カットは感覚を司る右脳で、
カラーは理性を司る左脳で行うもの

と言えるわけです。

逆に考えてみると、カットで量を減らすために鋤いたりするわけですが、それを”どこにどの長さで何%のセニング率で何回入れたからここはこの長さの毛がこれくらいあって…”なんて考えていても、最終的な判断は目で見た形と触れた時の質感で行うはずです。
カラーでハイトーンにするって時に、「んー、なんとなくこんなもん!」なんて選定はしません。というかできませんwww

 

カット(形や質感を作る技術)カラー(色彩と陰影を作る技術)の違いを画像にするとこういう感じです。

昔作った画像なのですが、カットは形を作るものであるのに対して、カラーはそれにさらに色彩と立体感を与えるものです。

色を変える…、それぞれの色には性格がありますから、黒髪から茶髪に変わるだけでも柔らかく温かみのある印象に変わったりしますよね。

しかしただ茶髪にしただけ、昔の言い方だとヘアダイと言いますが、それだけであればどんなに明るい色にしようとも、一色で塗りつぶして仕舞えばシルエットにしかなりません。
乱暴な言い方をするなら、黒髪であることと大きな差はありません。

しかし、本当のカラーは上の図のように立体感を与えることも目的の一つです。
ハイライトやローライトを使ったり、セクションカラー(ポイントカラー)やインナーカラー、グラデーションやブレンドカラー…
あらゆる手段を使ってその方が求める印象を作ります。
そこまでして初めて、カラーリングなのです。

なので実際の施術では…

ホイルを多用します。
ハイライト・ローライトを用いたり、ベースを均一にしてから何種類もの色を織り交ぜたり…
そのやり方は様々です。
それによって、一色で塗りつぶしただけでは作れない色の折り重なりや立体感や奥行き、色の深みが作れるのです。

 

 

  • 【Hanaはどんなカラリスト??】

 

そんなカラーを専門とし、四六時中カラーのことばかり考えているカラリスト。

日本にはまだ数が少ないといえど、最近徐々に増えてきていて、その中でも自分の強みを持っている人が多い印象です。

そんなカラリストの中でも僕は、
・圧倒的透明感のホワイトをブリーチ2回で作ること


・他人とは絶対に被らない、多色使いのイロトリドリ


・黒染めやセルフカラーなどをされた方に対する、修正・活用カラー


この3つが特に得意で大好きです。

 

髪色で楽しみたい!もっと遊びたい!
〇〇してしまったのだけど、また綺麗な髪色にしたい!

そういう方は是非僕にご相談ください。

※詳しくはこちらをご覧ください。

 

  • 【カラリストを選んだ理由】

好きだからです。以上です。

…割とマジでそうですw
好きなことを好きにやってい続けたかった。
そこが一番大きいかなと。
僕自身、学生の時からいろんな色にしたりしていて、髪色で遊ぶことが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。
そして髪色で、もっと言えば人の印象って色で変わります。
色って面白い!

そういう気持ちが一番強いかなと。
同時に、その気持ちが強かったからか、形に対してそこまでこだわりを持てなかったというのもありますw
元々の性格的にも、なんとなくこんな感じでは無くて、全ての物事に理由を求める理詰めの回答を求める性分なのもあると思いますw
理由を探せばたくさんありますが、色々な理由が重なり、”カラリストとしてやっていきたい!”でもって、世の中もっと髪色に自由が溢れてほしい!
そういう気持ちでカラリストとして毎日髪色を描いております。

 

そんな僕が最近力を入れているのは王道の”茶”。

四十八茶百鼠なんて言葉があるように茶だけでも無数の色が存在しています。そして今の日本において最も多くの方の髪を彩る色だと思います。

そんな茶をいかに多彩に表現できるか。さらに黒髪や白髪関係なく、様々な茶を楽しんでいただくためには…。

所謂派手髪のように見るに華やかなお色をうまくまとめるのはさほど難しくない。そうではなく、パッと見地味になりがちなお色に華を与え人目を惹きつけるようなスタイル…

あれやこれやと考えておりますが、僕なりの答えのいくつかが

これらのHana式ナチュラルブラウンたちです。

詳しくは追々記事にしていこうかと思います。

 

 

 

長くなりましたが、カラリストについて、僕の特技について少しでも知っていただけたら幸いです。

髪色に自由を、を信条にこれからも見ているだけで楽しくなれるような作品を作っていけたらと思っているので、ぜひご覧ください。

 

ご予約の際はこちらのLINE@からお願いいたします。