美容室 fuwat(ふわっと) | 秋葉原にあるアットホームな美容室です。

HOME > Hana > Hanaがカラーで大切にしている5つのこと

2017年10月28日

Hana

Hanaがカラーで大切にしている5つのこと

 fuwat

 

 

ご覧いただきありがとうございます。ブリーチ専門のカラリストのHanaです。

 

 

ここでは”髪色に自由を”と、”華やかで品のある髪色”をモットーとし、魅力を引出し”なりたい”を叶える僕のカラーで大切にしている5つのことについてお話しいたします。

初めましての方に僕のカラーへの思いを知っていただきたいので、是非最後までお読みください。

 

 

  • 1,希望の色を叶えるための、徹底したカウンセリング

 

「えっ?カラー得意なら当たり前なんじゃないの??」

そう思われる方も多いかと思いますし、勿論僕も当たり前だと思っております。

しかし、特に所謂”派手髪”が好きな子たちは勿論、僕のところに来てくれる子の多くは

 

「他所では希望の色にしてくれなかった」

 

と言っています。

 

 

何故そうなってしまうかというと、一番の原因は…

色は人によって見え方が大きく違うことがある

 

からだと僕は思います。

 

色ってとても曖昧な物なんです。

 

人によって見え方も違えば、ライトの影響や隣り合う色でその見え方は大きく変わってきます。

 

 

特にハイトーンや原色などのお色は少しのニュアンスの違いが大きな差になってくるので、そのニュアンスの差がとても大事になってきます。

 

なので僕は必ず、ご希望のお色の写真を見せていただいたり、僕の作品などを元にご希望のお色を何パターンか見ながら、そのお色がその方にどう見えているのかを徹底的にお聞きします。

 

それによって、僕に見えているお色とその方に見えているお色のギャップを極力無くし、ご希望のお色のイメージをハッキリとさせていきます。

 

 

 

また、それだけ徹底してお色のカウンセリングをしていくので、どうしてもお色のカウンセリングだけで20〜30分ほどかかってしまうことが多いです。

 

なので、それ以外の情報は予めLINE予約時に”事前カウンセリング”をさせていただいておりますので、僕をご指名の場合は必ずこちらのLINE@からご予約をお願いいたします。

友だち追加

 

 

 

  • 2,カラーを専門としているからこそできる、色落ちすらも楽しめるカラー

 

どんなにご希望のお色を叶えられたとしても、どんな施術の仕方をしたとしても、どんな薬剤を使ったとしても、絶対に避けられないことがあります。

 

それは色落ち(褪色)です。

 

どんなにケアを頑張ったとしても、色持ちを長くすることはできますが根本的に褪色を0にするのは不可能です。

だからこそ僕は、色落ちしてもキレイであることを大切にしています。

※左の染めたてから、右が1~3か月の方々

 

 

その為に僕は必ずどんな色に染めたいかだけでなく、どんな色落ちをしてほしいかを聞いています。

 

それに合わせて、どのくらいのベースの明るさが必要なのか、どんな色をどういう方法で乗せたらいいのかを考え施術します。

 

例えば、2回染め(Wカラー)で終ることもあれば、2回ブリーチして色を入れる(Tカラー)の場合もありますし、2回ブリーチして2回に分けて色を乗せる場合もあります。

 

ブラウン系であっても、2回3回の工程を踏む場合が殆どです。

 

更に、ダメージ度合いやお色の濃さ明るさから想定できる、理想的な来店頻度も必ずお伝えしております。

 

 

どんなに綺麗な色に染めていても、ベースの作り方や乗せる色の種類や乗せ方を間違えば、好みではない色落ちをしてしまい、その結果「染めたては良かったけど色落ちは…。」という不満に繋がってしまいます。

 

なので、どんな色に染めたいかは勿論、どんな色落ちをさせたいかも重要視し、その上で理想的なご来店の頻度をお伝えしております。

 

また、褪色が綺麗だからこそできる、褪色を活かした貴女だけのお色を育て上げることも得意で大切にしております。

 

常に綺麗なお色をキープしたいし、常に少しずつ変化を楽しみたい。

 

そんなご要望を叶え超えられる自信がありますので是非カラーさせてください!

 

 

 

  • 3.無駄なダメージは極力与えない

 

 

ブリーチやブリーチでないにしても一度明るくしてから色味を入れるダブルプロセスカラーってダメージが大きいイメージがある方もいると思います。

 

また、パーマやストレート(縮毛矯正)をされていたりすると、お店や美容師によってはブリーチすることを避ける人もいます。

 

 

確かに、髪の毛のダメージは減点法ですから、一度受けたダメージを無かったことにはできません

 

しかし、そもそも何故ダメージをするのか、その原因の1つにカラー剤にもパーマ・ストレート剤にも含まれるアルカリの影響があります。

一般的にブリーチや明るいカラー剤になるとアルカリの量は増えます。しかし、そもそもブリーチには沢山の種類ややり方があるのをご存知でしょうか?

その選択によってダメージ度合いは大きく変わります。

つまり、ブリーチの中でも選択肢があるので、ダメージレベルとご希望のお色のために必要な明るさに合わせて、ブリーチのコントロールができるのです。

 

 

 

 

もっと根本的な部分では、ブリーチ時のダメージソースで一番多くを占めるのが、薬剤の反応によるものではなく、物理的なダメージによるものです。

 

所謂普通のカラー剤(アルカリカラー)でもそうですが、コーミングという櫛を通す行為

これをすることによって塗布ムラを防ぐことが出来るのは確かですが、ブリーチ時の切れ毛や枝毛、ほわほわとした質感になるという、所謂ダメージした感じになってしまうのです。

 

なので僕は、ブリーチやアルカリカラーを塗る際に、コーミングをすることを辞めました。

当然ですよね。

だって、ちょっと頑張ってムラなく塗るように注意するだけで、目に見えるダメージのほぼ全てを減らすことが出来るのですから。

そしてそれは、どれだけ薬剤や処理剤に頼っても作れない、一度なったら戻せないものです。

ですから、業でカバーできる部分は、しっかりとカバーしていこうと思ったのです。

 

 

加えて、カラーをする際に僕は基本的に濡れた状態で塗っていきます

何故なら、極力引っかかったりしてしまうことを無くすことで物理的な負担を減らせることと、ブリーチを含めた全てのカラー剤は乾燥すればするほどダメージが大きくなるため、それを防ぐという目的があります。

 

 

“ダメージが0か1″かと問われればそれは当然1です。

しかし、“1〜100の範囲では?”と考えれば全力で落とせば5くらいまでは抑えることができます

 

 

僕はカラーに限らずあらゆる講習やセミナーに行ったり、メーカーの方に重箱の隅をつつくが如く質問をし薬剤知識を得て、その検証を様々な角度から行いました。

 

その経験から必要となる薬剤を全て揃え、ダメージがほぼない髪~かなりダメージした髪まであらゆるコンディションの毛髪に対しブリーチを行えるような状態を整えました。

 

それら駆使し、そもそものアルカリ量をコントロールしたり、アルカリの除去を徹底してすることで、「ブリーチしたんだよね??」と感じるくらいダメージを極力抑えた施術をしております。

 

 

 

どの作品も、ブリーチ1~2回している子達ですが、毛束を持った際のツヤ感だったり、天使の輪がかかっていることがお分かりいただけると思います。

これは見せかけではなく、実際に施術した子達からも「思っていたより全然サラサラだしツヤツヤ!」というお声を頂いております。

ただ綺麗に染めるだけではない。

綺麗な髪の毛の上に、綺麗な髪色は成り立つもの。

そんな僕のブリーチ&カラー、是非。

 

 

  • 4.原理原則に基づくヘアケア

 

世の中には本当に沢山のヘアケアアドバイスが溢れかえっていますよね。

 

シャンプーはアミノ酸系がいいとか弱酸性がいいとか、ノンシリコン至上主義だったりオーガニックこそ至高だったり…

 

シャンプーだけでもパッと思いつくだけでも沢山ありますし、そういった玉石混交なヘアケアアドバイスがシャンプーでトリートメントで、乾かし方でアイロンの仕方で…。

 

どれを信じたらいいのかわからなくなるくらい、色んな意見がありますよね。

 

 

ですが、毛髪における原理原則は変わりません

 

それらを僕は”シャンプーソムリエ”というシャンプーなどのケア剤は勿論、栄養学などのインナービューティも含めた”本質的なヘアケア”をとことん掘り下げるセミナーを受講し、その資格を取得しました。

 

そのセミナーでは知識だけでなく、自身の身をもって原料の違いを体験し、さらにセミナー後も200以上のヘアケアアイテムを使いその特徴や違いを自分の身体に叩き込みました

 

つまり、知識だけでなく経験として様々なケアにも精通しております。

 

また、その他にも”SSA”というアカデミーや”ヘアケアマイスター”という資格も取得、メーカーが開催する講習なども受講しております。

 

カラー自体は勿論のこと、ヘアケアで悩んでいらっしゃる方も是非僕にご相談ください。

 

 

 

  • 5.わかりやすい料金設定

 

初めていくお店の料金って不安要素の1つですよね。

 

特にカラーの中でもハイトーンや原色を使ったスタイルの場合ってブリーチが何回必要なのかとか、インナーカラーやポイントカラーはどれくらい+料金がかかるのか、ハイライトを入れたりする場合何枚でいくらかかるのか…

 

結構曖昧なお店が多いかなと思います。

ですが、僕指名の場合は

・ダブルプロセスカラー

¥13000

※ブリーチ1回で作れる単色のお色。

 

・ダブルプロセスカラー+α

¥15000

※ブリーチ1回で作れる、インナー・グラデーション・ポイントカラーなど。

※Hana式ナチュラルはこちら。

 

・ホワイトorトリプルカラー

¥18000

※ブリーチ2回で作るホワイトやホワイト領域でのカラー。

※染めたては濃いめの単色で色落ちしたらシルバーやパステル系にしたい場合はこちら。

 

・Hanaカラー

¥18000 

※ブリーチ1回乃至は全体には1回でインナー・毛先などポイントでさらにもう1回で作れる、複数色を用いたスタイル。

※Hana式ブラウンはこちら。

 

 

・Hanaカラー+α

¥25000

※全体のブリーチを2回で且つ、複数色を使う場合はこちら。

 

 

・シングルカラー

¥10000

※初回ご来店時は不可。2回目以降の方限定メニューです。

※状況に応じてブリーチが必要ない場合に色を乗せるだけの場合のメニューです。

 

・フェイクブラック(明るくできる黒染め)

¥8000

※黒染めや暗いブラウンを基本的に使わない色味だけで作るブラックです。

※詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

この7つにまとめております。

表示は全て税込価格で、全てのメニューがシャンプーブロー、トリートメントを込みの料金になります。

髪の長さによるロング料金や、ホイルの枚数、スタイルや範囲による+料金がなく、全てのカラーをこちらの6つの料金でご対応しておりますので、

「私のこのスタイル(色)だといくらになるんだろう…」

「思っていたよりも高かった…」

というご心配もありませんのでご安心ください。

 

もし、

「どれに当たるんだろう…」

という時は一度LINEでご相談いただけたらお応えいたしますので、遠慮なくご連絡ください。

友だち追加

 

 

 

日本の街にもっともっと髪色に自由が溢れて、自分も他人もワクワクするような髪色を広めていきたい!
ハイトーンや原色が社会に受け入れられるようにしていきたい!

 

そう思っておりますので、是非綺麗に髪色を楽しむために、僕にカラーさせていただけたらと思います。

ご予約はLINE@から承っておりますので、是非追加お願い致します。

ご予約お待ちしております。

友だち追加